location.href = 'https://gokigen-life.tokyo/403.html';

優待クロス・コスト計算Rev

- クロス費用計算

優待クロスはしっかりとコスト計算ができればリスクのほとんどない投資方法です。

一方で、優待クロスのコスト計算は、権利付き日までの残日数や株価など流動的要素が多く、一般信用売りの在庫の変動状況をみながら同時に複雑な計算をすることが求められます。

このページでは、優待クロスのコスト計算を各証券会社の標準的なコストでシミュレートすることができます。また、各優待銘柄の前回権利付き日までの一般信用売り在庫の履歴(90日)を証券会社別にご覧いただけます。こちらの履歴を参考にすることで、各銘柄の効率的な優待クロスのタイミングを把握しやすくなります。

なお、日々のメンテナンスはしていないため、コスト計算の結果については盲信はせずに、あくまでも参考として取り扱っていただけますようお願いい致します。

優待クロス・コスト計算について

優待クロスのコストシミュレーターを利用される方は、下記の点にご注意くださいませ。

注意事項(コスト計算)
  1. コスト計算にあたっては、各証券会社における標準のクロス費用で計算をしています。楽天大口やカブドットコムの各種割引等は考慮されておりませんのでご注意くださいませ。
  2. クロス費用の算出のベースとなる株価については前日終値をベースとして算出しているため、株価の変動が大きい際はご注意ください。
  3. クロス期間については、時間帯によって日数が変わります。具体的には、当日15時以降は翌日発注扱いとしてクロス日数が計算されます。
  4. シミュレーターでは、優待のみ実施の銘柄も含めて検索されます。また、一般信用売りの取り扱いのない銘柄や在庫がゼロの銘柄でもクロス費用のシミュレーションは可能となっていますのでご注意ください。
  5. カブドットコム証券、楽天証券、SBI証券、GMOクリック証券、マネックス証券については、「長期/無期限」と「短期」の双方のコストシミュレーションが可能となっています。
  6. 最下段に各証券会社における現在の一般信用売り在庫の状況が掲載されていますので、参考にしてください。
  7. 繰り返しになりますが、コストシミュレーションの結果については、ご参考までにご覧いただき、最終的な投資判断はご自身で行っていただくようお願いいたします。
注意事項(前回在庫履歴)
  1. 在庫履歴では、各証券会社における一日の最低在庫数を記録しています。例えば、ある程度在庫が残っている状態でも一度でも当日の在庫数が0と計測されると0株と表示されます。いつでもクロスが可能な状態として認識くださいませ。
  2. 各日の証券会社からの在庫補充については、着色された色で表現されています。凡例は下記をご覧ください。
    1. 赤は「在庫補充なし」
    2. 青は「30,000株以上の補充あり」
    3. 緑は「10,000株以上の補充あり」
    4. 黄は「5000株以上の補充あり」
  3. 「NoDATA」は在庫状態が計測されていないことを示しています。在庫確認のシステムがストップしていたり、その時点でまだそちらの証券会社の在庫取得をしていないなどが考えられます。(2019.5-9はまだ在庫取得をしていないため全てNoDATAになります)
  4. カブドットコム証券、楽天証券、SBI証券、GMOクリック証券、マネックス証券の「長期/無期限」と「短期」についてはこちらでは区別しておりません。
  5. 当該データは、あくまでご参考にご覧いただき、最終的な投資判断はご自身で行っていただくようお願いいたします。

優待クロス・コストシミュレーターRev