9048 名古屋鉄道

3月優待銘柄 9月優待銘柄

保有株式数に応じて、「株主優待券乗車証(下記の表のとおり)」及び「株主ご優待券(200株以上で一律・3月末のみ)」が贈られます。

保有株式数優待内容贈呈枚数
600株以上1,000株未満電車線片道乗車証半年2枚
1,000株以上2,000株未満電車線片道乗車証半年6枚
2,000株以上3,000株未満電車線片道乗車証半年12枚
3,000株以上4,000株未満電車線片道乗車証半年18枚
4,000株以上5,000株未満電車線片道乗車証半年24枚
5,000株以上6,000株未満電車線片道乗車証半年30枚
6,000株以上7,000株未満電車線片道乗車証半年36枚
7,000株以上8,000株未満電車線片道乗車証半年42枚
8,000株以上20,000株未満電車・名鉄バス全線乗車証半年1枚
20,000株以上100,000株未満電車・名鉄バス全線乗車証半年2枚
100,000株以上200,000株未満電車・名鉄バス全線乗車証半年5枚
200,000株以上電車・名鉄バス全線乗車証半年10枚

◆贈呈時期
3月末基準日:6月上旬(株主ご優待券は6月下旬)
9月末基準日:12月上旬

◆有効期限
3月末基準日:12月15日(株主ご優待券は翌年7月15日)
9月末基準日:翌年6月15日

次権利日優待利回り貸借区分前日終値
3月29日
(残122日)
0.4%貸借銘柄3050円
直近1か月の優待関係適時開示情報
発表はありません

優待クロス基礎データ

最新在庫状況などのクロス取引に参考となる情報をまとめています。

日興
在庫
(17:55)
カブコム
在庫
(14:51)
楽天
在庫
(17:23)
SBI
在庫
(17:50)
GMO
在庫
(18:01)
松井
在庫
(18:00)
Monex
在庫
(休止)
2000
GL-1.6
1650200
GL-13.2
16300
GL-2.3
--
GL-10.6
-





優待データ
【200株】電車全線乗車券4枚など
市場価値:2400円
過去の権利落ち株価データ

過去株価権利落変動権利付終値権利落始値
2020.3-85円(-2.7%)3145円3060円
2019.3-50円(-1.6%)3125円3075円
2018.3-55円(-2%)2745円2690円
2017.3-3円(-0.6%)518円515円
2016.3-7円(-1.3%)538円531円
制度信用の参考データ
逆日歩最大額:4960円(200株/1日/4倍)
逆日歩最大額:9920円(200株/1日/8倍)

【参考逆日歩:49.6円(8倍:1株1日)】

日時逆日歩日数貸株超過規制
11/260.05円1日▲47400株
11/250.3円3日▲48000株
11/240.1円1日▲49500株
11/200.1円1日▲51300株
11/190.1円1日▲54000株
過去最大過去最少過去平均過去中間
4.5円0.5円2.89円4.2円
過去データ逆日歩日数貸株超過規制
2020年3月期4.5円1日▲561600株
2019年3月期4.2円3日▲384800株
2018年3月期4.35円3日▲324100株
2017年3月期0.9円3日▲1286000株
2016年3月期0.5円1日▲1929000株
配当情報
2021年3月(予想):未定

年間配当配当金額
2019年03月27.5 円
2020年03月25.0 円
2021年03月(予想)-- 円

前回権利日前の在庫状況

前回権利日の前90日間の各証券会社における在庫状況です。下記の在庫は各証券会社における一日の「最低在庫数」を表示しております。

また、日興・カブコム・楽天の各証券会社においては、在庫の色で当日の在庫補充の有無が確認できます。赤は「在庫補充なし」、青は「30,000株以上の補充あり」、緑は「10,000株以上の補充あり」、黄色は「5000株以上の補充あり」となります。

データ取得状況によって誤ったデータが登録されている可能性もありますのでご参考までにご覧くださいませ。


© 2019 Gokigen Life .TOKYO.

過去の在庫補充の状況

各証券会社における2,000株以上の在庫復活履歴の最新10件を表示しています。証券会社の在庫補充のタイミングを掴むのにご活用ください。

カブドットコム証券 19時抽選倍率
11月26日: 0倍 1667100株
11月25日: 0倍 1667100株
11月24日: 0倍 1668800株
11月23日: データなし
11月22日: データなし
11月21日: データなし
11月20日: 0倍 1667100株

当該ページの情報については、情報の正確性のチェックはしておりませんため、誤った情報が表示されている可能性があります。このことについてご留意頂き、投資判断においてはご自身で再度情報の正確性をご確認いただきますようお願いいたします。