4680 ラウンドワン

3月優待銘柄9月優待銘柄優待銘柄

保有株式数に応じて、国内の全店舗で利用できる「会員ステータス」及び「500円割引券」及び「健康ボウリング教室・レッスン優待券」が贈られます。

保有株数優待内容
100株以上500円割引券2枚+健康ボウリング教室・レッスン優待券
300株以上クラブ会員入会券+500円割引券5枚+健康ボウリング教室・レッスン優待券
1500株以上シルバー会員入会券+500円割引券10枚+健康ボウリング教室・レッスン優待券
3000株以上ゴールド会員入会券+500円割引券15枚+健康ボウリング教室・レッスン優待券
6000株以上プラチナ会員入会券+500円割引券20枚+健康ボウリング教室・レッスン優待券

◆会員入会権
「クラブ会員入会券」はクラブ会員に、「シルバー会員入会券」はシルバー会員に、「ゴールド会員入会券】はゴールド会員に、「プラチナ会員入会券」はプラチナ会員に、年会費無料でご入会いただける優待券となります。
会員制度の詳細はこちらのリンクをご覧ください

◆500円割引券
精算金額より500円をお値引きさせていただきます。
(お1人様1日1枚限り・クレジットカードでのお支払い時利用可))
・受付時(前払い)に、本券をご利用いただける精算金額に満たない場合でも、最終精算時にご利用いただけます。
ただし、次の場合はご利用いただけません。
【全館共通】
・精算金額が税込で1,000円未満の場合(他の割引券等のご使用により、1,000円未満となる場合を含む)
・フードカウンター券売機での飲食購入代金
・海外店舗
【ボウリング】
・プロショップ用品の購入代金
【アミューズメント】
・ゲームのプレイ料金(ボウリングフロントでの1,000円以上のメダル貸出代金については利用可)

◆健康ボウリング教室・レッスン優待券
1.本券は、弊社施設で開催される健康ボウリング教室に、お1人様参加費1,000円(税込)で4名様までご利用いただけます。
(1)参加費1,000円(税込)には必要な費用(レッスン料・ゲーム代・貸靴代)がすべて含まれます。
(2)本健康ボウリング教室は、生活習慣病予防などでスポーツボウリングを始めてみようと考えられている初心者ご本人向けの教室となっておりますため、上級者や複数回教室に参加されたお客様の申し込みをご遠慮いただく場合がございます。
(3)本健康ボウリング教室以外の一部の教室においてもご利用いただけます
(対象となる教室のご案内に使用条件等を記載いたします)。
2.弊社が主催する「ボウリングレッスン」でもご利用いただけます。
(1)お1人様参加費1,000円(税込)で4名様までご利用いただけます。
(2)参加費1,000円(税込)には必要な費用(レッスン料・ゲーム代・貸靴代)がすべて含まれます。
(3)プラベートレッスンにつきましては、参加費を下記表の通りとさせていただきます。
(4)ご参加には諸条件がございますので、ご利用いただく店舗に直接ご確認をお願いいたします。
(5)弊社主催のボウリングレッスンは集合レッスンで、プライベートレッスンは個別レッスンになります。
3.本券をお忘れの場合は、ご優待を受けることができません。
4.換金・返金・払い戻しはできません。
5.紛失された場合でも再発行はできません。
6.海外店舗ではご利用いただけません。

◆贈呈時期
3月末基準日:6月末
9月末基準日:12月上旬

2023年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
2022年8月5日
上場会社名株式会社ラウンドワン上場取引所 東
コード番号4680URL https://www.round1.co.jp/
代表者(役職名)代表取締役社長執行役員(氏名)杉野 公彦
問合せ先責任者(役職名)取締役専務執行役員管理本部長(氏名)佐々江 愼二TEL 06-6647-6600
四半期報告書提出予定日2022年8月8日配当支払開始予定日-
四半期決算補足説明資料作成の有無:有
 
四半期決算説明会開催の有無 :有(機関投資家向け)
 
(百万円未満切り捨て)
(1)連結経営成績(累計)(%表示は、対前年同四半期増減率)
売上高営業利益経常利益
親会社株主に帰属する
四半期純利益
百万円%百万円%百万円%百万円%
2023年3月期第1四半期30,91269.42,359-2,582-2,025-
2022年3月期第1四半期18,243224.0△3,572-△3,575-△3,925-
(注)包括利益2023年3月期第1四半期5,069百万円(-%)2022年3月期第1四半期△3,902百万円(-%)
1株当たり
四半期純利益
潜在株式調整後
1株当たり
四半期純利益
円 銭円 銭
2023年3月期第1四半期21.2221.22
2022年3月期第1四半期△44.26-
総資産純資産自己資本比率1株当たり純資産
百万円百万円%円 銭
2023年3月期第1四半期163,35858,78135.8612.41
2022年3月期157,69854,60334.4569.09
(参考)自己資本2023年3月期第1四半期58,455百万円2022年3月期54,320百万円
年間配当金
第1四半期末第2四半期末第3四半期末期末合計
円 銭円 銭円 銭円 銭円 銭
2022年3月期-10.00-10.0020.00
2023年3月期-
2023年3月期(予想)12.00-4.00-
(注)直近に公表されている配当予想からの修正の有無:有
(%表示は、通期は対前期、四半期は対前年同四半期増減率)
売上高営業利益経常利益
親会社株主に帰属
する当期純利益
1株当たり
当期純利益
百万円%百万円%百万円%百万円%円 銭
第2四半期(累計)64,76156.66,644-6,688-4,863-50.95
通期132,62437.516,057-15,780194.411,209184.7117.43
1.2023年3月期第1四半期の連結業績(2022年4月1日~2022年6月30日)
(2)連結財政状態
2.配当の状況
配当予想の修正については、本日(2022年8月5日)公表の「株式分割、定款の一部変更、配当予想の修正(増配)及び株主優待制度の
変更に関するお知らせ」をご覧ください。また、当社は、2022年10月1日を効力発生日として、普通株式1株につき3株の割合で株式分
割を行うことを予定しております。そのため、年間の配当予想につきましては単純合計ができないため、表示しておりません。なお、株
式分割を考慮しない場合の期末配当金は12円、年間配当金は24円であります。
3.2023年3月期の連結業績予想(2022年4月1日~2023年3月31日)
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無:有
当社は、2022年10月1日を効力発生日として、普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行うことを予定しております。上記の1株当
たり当期純利益は分割前の数値を記載しております。なお、株式分割を考慮した場合の1株当たり当期純利益は、通期は39円14銭であり
ます。

(1)当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動):無
(2)四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用:無
① 会計基準等の改正に伴う会計方針の変更 :無
② ①以外の会計方針の変更 :無
③ 会計上の見積りの変更 :無
④ 修正再表示 :無
① 期末発行済株式数(自己株式を含む)
2023年3月期1Q95,454,114株2022年3月期95,452,914株
② 期末自己株式数
2023年3月期1Q1,922株2022年3月期1,335株
③ 期中平均株式数(四半期累計)
2023年3月期1Q95,451,584株2022年3月期1Q88,699,045株
※ 注記事項
(3)会計方針の変更・会計上の見積りの変更・修正再表示
(4)発行済株式数(普通株式)
※ 四半期決算短信は公認会計士又は監査法人の四半期レビューの対象外です
※ 業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
 本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判
断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等
は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

1.当四半期決算に関する定性的情報 ................................................................................................2
(1)経営成績に関する説明 ............................................................................................................2
(2)財政状態に関する説明 ............................................................................................................2
(3)連結業績予想等の将来予測情報に関する説明 ..............................................................................2
2.四半期連結財務諸表及び主な注記 ................................................................................................3
(1)四半期連結貸借対照表 ............................................................................................................3
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書 ..................................................................5
四半期連結損益計算書
第1四半期連結累計期間 ...................................................................................................5
四半期連結包括利益計算書
第1四半期連結累計期間 ...................................................................................................6
(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項 .......................................................................................7
(継続企業の前提に関する注記) .............................................................................................7
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記) ..................................................................7
(セグメント情報) ...............................................................................................................7
(重要な後発事象) ...............................................................................................................8
○添付資料の目次
- 1 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

1.当四半期決算に関する定性的情報
(1) 経営成績に関する説明
 当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染者数減少に伴い規制緩和がな
される等、経済回復への動きが見られましたが、感染拡大の長期化の影響を受け、依然として先行き不透明な状況で
推移いたしました。
 他方、世界経済においても、新型コロナウイルス感染症の感染者数に減少の傾向が見られるものの、不安定な国際
情勢に伴う経済への下押し圧力が強く、先行き不透明な状況で推移いたしました。
 このような状況の中、当社グループは日本において、引き続き一部店舗の「ギガクレーンゲームスタジアム」への
改装を行いました。また、「クレッチャ」で獲得した景品を店舗で受け取るサービスを開始したほか、ラウンドワン
限定のコラボ商品を販売するオンラインショップを「ラウンドワンアプリ」内にてリリースいたしました。
 米国においては、営業基盤を拡大すべく、新たに2022年6月にペンブロークレイクス店(フロリダ州)を出店いた
しました。
 以上の結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高30,912百万円(前年同四半期比69.4%増)、営業利
益2,359百万円(前年同四半期は営業損失3,572百万円)、経常利益2,582百万円(前年同四半期は経常損失3,575百万
円)、親会社株主に帰属する四半期純利益2,025百万円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純損失3,925百
万円)となりました。
 なお、当社が運営する屋内型複合レジャー施設は、お盆期間やお正月期間等長期休暇の多い第2四半期及び第4四
半期に売上高が増加する傾向があり、四半期毎で業績の偏りが生じます。
 セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。
(日本)
 一部店舗においてクレーンゲーム機を大幅に増台し、「ギガクレーンゲームスタジアム」への改装を順次行いま
した。また、オンラインクレーンゲーム「クレッチャ」で獲得した景品を店舗で受け取るサービスを開始したほ
か、アーティスト、アイドル、アニメとのコラボイベントの際にラウンドワン限定のコラボ商品を販売するオンラ
インショップを「ラウンドワンアプリ」内にてリリースいたしました。
 以上の結果、ボウリング収入は前年同四半期比68.3%増、アミューズメント収入は前年同69.3%増、カラオケ収
入は前年同139.2%増、スポッチャ収入は前年同82.1%増となりました。
(米国)
 営業基盤を拡大すべく、新たに2022年6月にペンブロークレイクス店(フロリダ州)を出店いたしました。ま
た、新しいアミューズメント機種の積極的な導入に努めました。
 以上の結果、ボウリング収入は前年同四半期比80.3%増、アミューズメント収入は前年同53.4%増、カラオケ収
入は前年同99.9%増、スポッチャ収入は前年同78.3%増となりました。
(その他)
 その他セグメントにおいては、日本・米国以外の地域に出店準備を進めております。
(2) 財政状態に関する説明
(資産)
 当第1四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ5,659百万円増加の163,358百万円と
なりました。この要因は、現金及び預金が1,119百万円減少したこと等による流動資産の減少1,025百万円と、リー
ス資産(純額)が2,570百万円増加、アミューズメント機器(純額)が1,682百万円増加、建物及び構築物(純額)
が1,663百万円増加したこと等による固定資産の増加6,685百万円によるものであります。
(負債)
 当第1四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ1,481百万円増加の104,576百万円と
なりました。この要因は、リース債務が801百万円増加、未払法人税等が562百万円減少したこと等による流動負債
の増加402百万円、リース債務が1,992百万円増加、長期借入金が1,525百万円減少したこと等による固定負債の増
加1,078百万円によるものであります。
(純資産)
 当第1四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ4,178百万円増加の58,781百万円
となりました。この要因は、為替換算調整勘定が3,059百万円増加、親会社株主に帰属する四半期純利益2,025百万
円の計上等により利益剰余金が1,071百万円増加したこと等によるものであります。
 この結果、自己資本比率は35.8%(前連結会計年度末は34.4%)となりました。
(3) 連結業績予想等の将来予測情報に関する説明
 連結業績予想につきまして、2022年5月11日に公表しました連結業績予想を修正しております。詳細につきまして
は、2022年8月5日公表の「第2四半期業績予想及び通期業績予想の修正に関するお知らせ」をご参照ください。
- 2 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

(単位:百万円)
前連結会計年度
(2022年3月31日)
当第1四半期連結会計期間
(2022年6月30日)
資産の部
流動資産
現金及び預金46,31645,197
売掛金1,061923
商品364393
貯蔵品2,7013,293
その他3,8593,470
流動資産合計
54,30353,277
固定資産
有形固定資産
建物及び構築物88,81692,393
減価償却累計額△48,375△50,290
建物及び構築物(純額)
40,44042,103
土地
5,7365,732
リース資産27,84532,482
減価償却累計額△12,684△14,750
リース資産(純額)
15,16117,731
使用権資産
4,3624,203
減価償却累計額△748△461
使用権資産(純額)
3,6133,742
その他
49,58754,819
減価償却累計額△30,363△33,322
その他(純額)
19,22421,496
有形固定資産合計
84,17690,807
無形固定資産
816810
投資その他の資産
繰延税金資産8,2888,267
差入保証金8,5788,583
その他1,5341,610
投資その他の資産合計
18,40118,461
固定資産合計
103,395110,080
資産合計
157,698163,358
2.四半期連結財務諸表及び主な注記
(1)四半期連結貸借対照表
- 3 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

(単位:百万円)
前連結会計年度
(2022年3月31日)
当第1四半期連結会計期間
(2022年6月30日)
負債の部
流動負債
買掛金243226
短期借入金700700
1年内償還予定の社債342342
1年内返済予定の長期借入金6,2166,206
リース債務8,4569,258
未払法人税等947384
契約負債2,0842,454
その他10,75610,576
流動負債合計
29,74730,149
固定負債
社債971799
長期借入金41,27839,753
リース債務12,55614,548
資産除去債務6,8246,838
長期預り保証金361360
その他11,35412,124
固定負債合計
73,34774,426
負債合計
103,095104,576
純資産の部
株主資本
資本金25,02125,022
資本剰余金25,69725,698
利益剰余金△126944
自己株式△2△3
株主資本合計
50,59051,662
その他の包括利益累計額
その他有価証券評価差額金04
繰延ヘッジ損益00
土地再評価差額金△138△138
為替換算調整勘定3,8676,927
その他の包括利益累計額合計
3,7306,793
新株予約権
282325
非支配株主持分
00
純資産合計
54,60358,781
負債純資産合計
157,698163,358
- 4 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

(単位:百万円)
前第1四半期連結累計期間
(自 2021年4月1日
 至 2021年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 2022年4月1日
 至 2022年6月30日)
売上高18,24330,912
売上原価20,96627,488
売上総利益又は売上総損失(△)
△2,7223,424
販売費及び一般管理費
8491,064
営業利益又は営業損失(△)
△3,5722,359
営業外収益
受取利息31
補助金収入228129
為替差益-200
持分法による投資利益-47
その他7792
営業外収益合計
308471
営業外費用
支払利息238220
持分法による投資損失3-
その他7027
営業外費用合計
312248
経常利益又は経常損失(△)
△3,5752,582
特別損失
固定資産除却損2729
特別損失合計
2729
税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
純損失(△)
△3,6022,553
法人税、住民税及び事業税
30227
法人税等調整額292300
法人税等合計
323527
四半期純利益又は四半期純損失(△)
△3,9252,025
非支配株主に帰属する四半期純損失(△)
△0△0
親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
に帰属する四半期純損失(△)
△3,9252,025
(2)四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書
(四半期連結損益計算書)
(第1四半期連結累計期間)
- 5 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

(単位:百万円)
前第1四半期連結累計期間
(自 2021年4月1日
 至 2021年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 2022年4月1日
 至 2022年6月30日)
四半期純利益又は四半期純損失(△)△3,9252,025
その他の包括利益
為替換算調整勘定233,000
持分法適用会社に対する持分相当額-43
その他の包括利益合計
233,043
四半期包括利益
△3,9025,069
(内訳)
親会社株主に係る四半期包括利益△3,9025,069
非支配株主に係る四半期包括利益△0△0
(四半期連結包括利益計算書)
(第1四半期連結累計期間)
- 6 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

(3)四半期連結財務諸表に関する注記事項
(継続企業の前提に関する注記)
該当事項はありません。
(株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記)
該当事項はありません。
(単位:百万円)
報告セグメント
その他
(注)1
四半期連結財務
諸表計上金額
(注)2
日本米国計
売上高
外部顧客への売上高11,3316,88118,2133018,243
セグメント間の内部売上高
又は振替高
-----
計11,3316,88118,2133018,243
セグメント利益又は
セグメント損失(△)
△3,852583△3,268△306△3,575
(単位:百万円)
報告セグメント
その他
(注)1
四半期連結財務
諸表計上金額
(注)2
日本米国計
売上高
外部顧客への売上高19,55511,20130,75615630,912
セグメント間の内部売上高
又は振替高
-----
計19,55511,20130,75615630,912
セグメント利益又は
セグメント損失(△)
1,0741,8232,897△3152,582
(セグメント情報)
I 前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、米国(Round One
Entertainment Inc.及びその連結子会社2社)を除く海外現地法人の事業活動を含んでおります。
2.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の経常損失(△)と一致して
おります。
II 当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)
報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、米国(Round One
Entertainment Inc.及びその連結子会社2社)を除く海外現地法人の事業活動を含んでおります。
2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と一致しております。
- 7 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

株式分割前の発行済株式総数95,454,114株
今回の分割により増加する株式数190,908,228株
株式分割後の発行済株式総数286,362,342株
株式分割後の発行可能株式総数749,100,000株
基準日公告日2022年9月15日
基準日2022年9月30日
効力発生日2022年10月1日
前第1四半期連結累計期間
(自 2021年4月1日
  至 2021年6月30日)
当第1四半期連結累計期間
(自 2022年4月1日
  至 2022年6月30日)
1株当たり四半期純利益又は
1株当たり四半期純損失(△)
△14円75銭7円07銭
潜在株式調整後
1株当たり四半期純利益
-7円07銭
現行定款変更後定款
第6条(発行可能株式総数)
当会社の発行可能株式総数は、249,700,000株と
する。
第6条(発行可能株式総数)
当会社の発行可能株式総数は、749,100,000株と
する。
効力発生日2022年10月1日
取締役会決議日調整前行使価額調整後行使価額
2021年新株予約権2021年10月29日1,394円465円
(重要な後発事象)
(株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更)
 当社は、2022年8月5日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更を行うことを
決議いたしました。
1.株式分割
(1)株式分割の目的
 株式分割により、当社株式の投資単位当たりの金額(最低投資金額)を引き下げるとともに、流通株式
数の増加により株式の流動性を高めることで、投資家の皆様がより投資しやすい環境を整え、投資家層の
拡大並びに株主数のさらなる増加を図ることを目的としております。
(2)株式分割の概要
①分割の方法
 2022年9月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する当社普通
株式を、1株につき3株の割合をもって分割いたします。
②分割により増加する株式数
(注)上記の発行済株式総数は、新株予約権の行使により株式分割の基準日までの間に増加する可能性
があります。
③分割の日程
④1株当たり情報に及ぼす影響
 当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は、以下のとおり
であります。
2.定款の一部変更
(1)定款変更の理由
 今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、2022年10月1日をもって、当社定款第
6条に定める発行可能株式総数を変更いたします。
(2)定款変更の内容(下線は変更部分)
(3)定款変更の日程
3.その他
(1)資本金の額の変更
 今回の株式分割に関して、資本金の額の変更はありません。
(2)新株予約権の行使価額の調整
 今回の株式分割に伴い、2022年10月1日以後に行使する新株予約権の1株当たりの行使価額を以下のと
おり調整いたします。
- 8 -
(株)ラウンドワン(4680)
2023年3月期 第1四半期決算短信

次権利日優待利回り貸借区分前日終値
9月28日
(4日)
0.61%
(GL59.2)
貸借銘柄2019円
優待関係適時開示情報
2023年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)(22/08/05)

優待基礎データ

9月

【100株】買物券 2500円相当
市場価値:1250円

3月

【100株】割引券1000円相当
市場価値:500円

利回り

利回り区分利回り(100株)
配当利回り0%
優待利回り0.86%
総合利回り0.86%

※優待利回りについて、市場価格が不明なものは比較のために公称価格に対して独自に係数をかけています。例えば、カタログギフトは0.6倍、食品は0.5倍、自社商品は0.4倍などとなっておりますので優待利回りについてはご参考までにご覧くださいませ

株数毎の必要金額

株数概算必要金額
100株約20万円
300株約61万円
1500株約303万円
3000株約606万円
6000株約1211万円

一般信用関係データ

クロスコスト計算




計算株数 :
計算金額 :
計算日数 :

買建手数料:
買建金利 :
売建手数料:
貸株料金 :
プレミアム:
管理費等 :

手数料合計:

直近の一般信用在庫履歴(過去24時間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

前回権利日の一般信用在庫(過去30日間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

カブドットコム証券における過去1週間の抽選倍率

日付抽選対象在庫申込株数抽選倍率
22年9月21日229800株1600株0倍

カブドットコム証券における過去1週間のプレミアム料推移

Canvas not Supported/....

制度信用関係データ

理論逆日歩

逆日歩最大額:5040円(100株/3日/4倍)
逆日歩最大額:10080円(100株/3日/8倍)

直近の逆日歩履歴

日時逆日歩日数貸株超過規制
9月26日0円-日-
9月22日0.05円1日▲-397500株
9月21日0.05円1日▲-352700株
9月20日0.2円4日▲-364900株
9月16日0.05円1日▲-191900株

当該ページの情報については、情報の正確性のチェックはしておりませんため、誤った情報が表示されている可能性があります。このことについてご留意頂き、投資判断においてはご自身で再度情報の正確性をご確認いただきますようお願いいたします。


Gokigen Life .TOKYO
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com