3501 住江織物

5月優待銘柄

保有株式数に応じて、自社商品もしくは地域特産品などのオリジナルカタログが贈られます。

保有株式数優待内容
100株以上家庭用脱臭・消臭剤 Tispa® 700円相当
200株以上オリジナルカタログギフト 4,000円相当
1000株以上オリジナルカタログギフト 10,000円相当

◆贈呈時期
毎年8月開催の定時株主総会日以降の発送を予定

1 / 4


2023 年8月 30 日
各 位
会 社 名 : 住 江 織 物 株 式 会 社
代 表 者 名 : 取 締 役 社 長 永 田 鉄 平
コード番号 : 3501 東 証 プ ラ イ ム 市 場
問 合 せ 先 : 常 務 取 締 役 経営 企 画 室 部 長
薄 木 宏 明
(TEL 06-6251-6803)

上場維持基準の適合に向けた計画に基づく進捗状況について

当社は、2021 年 12 月 21 日に、プライム市場の上場維持基準への適合に向けた計画を提出し、その内容
について開示しております。2023 年5月 31 日時点における計画の進捗状況等について、下記のとおり作
成しましたので、お知らせいたします。



1.当社の上場維持基準への適合状況の推移および計画期間
当社の 2023 年5月 31 日時点におけるプライム市場の上場維持基準への適合状況はその推移を含め、以
下のとおりとなっており、「1日平均売買代金」については東京証券取引所からの通知により、算定基準日
である 2022 年 12 月 31 日時点において基準を充たしましたが、「流通株式時価総額」については充たして
おりません。当社は、下表のとおり、「流通株式時価総額」については 2024 年5月 31 日までに上場維持基
準を充たすために、引き続き各種取り組みを進めてまいります。

株主数 流通株式数
流通株式
時価総額
流通株式
比率
1日平均
売買代金
当社の
適合状
況およ
び推移

2021 年6月 30 日
※1

(移行基準日時点)
― 27,068 単位 54.4 億円 35.2% 0.07 億円
2023 年5月 31 日時点
※1
7,551 人 37,631 単位 80.7 億円 48.9% 0.47 億円
※2

プライム市場上場維持基準 800 人 20,000 単位 100 億円 35% 0.20 億円
適合状況および当初の計画に
記載した計画期間
適合 適合
2024 年
5月 31 日
適合 適合
※1 当社の適合状況は、東京証券取引所が基準日時点で把握している当社の株券等の分布状況等をもとに
算出を行ったものです。
※2 東京証券取引所が 2022 年1月から 12 月までの上場維持基準(売買代金基準)への適合状況を確認し
た結果の通知をもとに記載しております。

2.上場維持基準の適合に向けた取り組みの実施状況および評価
当社は 2021 年 12 月 21 日に公表いたしました「新市場区分の上場維持基準の適合に向けた計画書(以
下、計画書)」において、プライム市場の上場維持基準適合に向けた取り組みの基本方針を定めました。
2024 年5月 31 日までのプライム市場上場維持基準達成のための計画は着実に進捗していると評価してお
り、現時点では計画の変更の必要性はないと判断しております。

2 / 4

計画書においては、流通株式時価総額および1日平均売買代金の向上を重要課題としておりました。東
京証券取引所からの通知により、2022 年 12 月 31 日時点で1日平均売買代金は基準に適合することとな
り、引き続き現在の水準から低下することの無いよう取り組んでおります。また、流通株式時価総額の基
準適合に向けて、企業価値の向上、投資家とのコミュニケーション強化、開示資料およびコーポレートガ
バナンスの充実や株式施策による流通株式数の増加に取り組む方針です。それら取り組み内容の詳細は以
下に記載のとおりでございます。

(1)既存事業の強化および積極的な設備投資・M&A による企業価値の向上
基本方針である中長期経営目標「SUMINOE GROUP WAY 2022~2024~2027」に基づき、既存事業の
強化に向けた取り組みを実施しております。また、既存事業と事業規模拡大のため、積極的に設備
投資および事業のシナジー効果を高める M&A を行い、企業価値の向上に努めております。

 既存事業の成長戦略
インテリア事業 ・ 環境対応型製品の拡充・拡販 ・ ハウジング向け商品の開発
・ 新規得意先の拡大 ・ ブランドイメージの発信強化と浸透
・ 直営 EC 事業の強化
自動車内装事業 ・ 環境商材の開発・販売促進・活用 ・ 次世代自動車内装の開発
・ 最適調達による原価低減 ・ 海外への横展開
・ 新規部位・少工数生産をキーワードとした開発
・ 新工法によるファブリック素材の開発
・ グローバル拠点の情勢・課題に沿った開発展開
車両内装事業 ・ 回復が見込まれる改造・張替工事の受注拡大
・ 新規商材の開発・拡販 ・ 環境にやさしいファブリックの開発
・ シェアの拡大 ・ 新触感スミキューブの提案・受注
機能資材事業 ・ 繊維系暖房商材の生産供給体制の最適化
・ 機能材・加工技術の活用による新たな用途開発の推進
・ 消臭加工や抗ウイルス加工など機能加工製品の拡販
・ スマートテキスタイルの事業化推進
・ 開発部門との連携と開発営業力の強化

 事業における環境への取り組み
当社は、1998 年に「K(健康)K(環境)R(リサイクル)+ A(アメニティ:快適さ)」を発
表して以降、事業を通して環境負荷低減に貢献すべく、積極的に取り組みを進めてまいりま
した。2022 年には、新たに「第二次環境対策宣言 ~KKR+A のテーマのもとに~」の策定お
よび温室効果ガス(CO2)排出量の長期的削減目標を設定いたしました。これにより、グロー
バル戦略を推進し、当社の製品を多くの人々にご使用いただくこと、KKR+A を世界各地に広
げていくことを目指しております。
今後も事業を通じ、メーカーとしての「つくる責任」を果たしカーボンゼロを目指す社会
へ貢献するとともに、企業価値向上と持続的な成長に努めてまいります。

 投資・資本政策について
2022 年5月期~2024 年5月期の3ヵ年で、事業拡大と基幹システムの再構築および事業
所再編に向け総額 100 億円の投資を行う予定としており、2022 年5月期は奈良事業所の再編
を完了し、これにより不要な生産設備の売却や集中による生産能率の向上、物流倉庫の増築
や外部倉庫費の削減によるサプライチェーンの効率化などを見込んでおります。2023 年5月
期は約 24 億円の設備投資を行い、基幹システムの再構築への投資のほか、今後さらなる拡
大が見込まれる自動車内装材向け合成皮革市場に対応することを目指して決定したメキシ
コ子会社への合成皮革製造ライン新設のため、用地を取得いたしました。2024 年5月期には、
当該製造ライン新設に伴う投資を含め、約 55 億円の設備投資を行う計画であります。

3 / 4

 M&A について
当社では積極的な M&A を進めており、2020 年にはインテリア事業の領域を、カーテンやカ
ーペットなどの「面」のみの提案から「空間」全体の設計・デザインに拡大すべく、店舗設
計について深い知見と卓越した施工ノウハウを持っている株式会社シーピーオーをグルー
プ会社化し、その効果が出てきております。さらに 2022 年には、カーテンを中心としたイン
テリアオプション販売事業を行う株式会社プレテリアテキスタイルと、ジャガードおよびド
ビーモケット織物の生産・販売を行う関織物株式会社が、グループに加わりました。
今後も、「スペース デザイン ビジネス」拡大や既存事業の強化と事業規模拡大のため、事
業のシナジー効果を高める M&A に投資してまいります。

(2)積極的な IR 活動による投資家とのコミュニケーション強化
これまでに発行している IR 資料の英語対応をはじめ、中立な立場での情報提供のため有料アナ
リストレポートの新規発行や、機関投資家との1on1ミーティングの回数増加、個人投資家への情
報提供者に向けた事業説明、また、個人投資家向け説明会を行っております。今後も国内外での当
社の認知度と信頼性を高め、株価の上昇を図ってまいります。

(3)開示資料の充実
2022 年 11 月、当社グループが中長期的にどのような価値を創造し、企業価値向上に向けた取り
組みを行っていくのかについて伝えるため、統合報告書を発行いたしました。IR 情報のさらなる充
実により当社事業への理解促進を図り、株式市場における適正な評価の獲得を目指してまいります。

(4)コーポレートガバナンスの充実
コーポレートガバナンス・コードのうち、プライム市場上場会社に適用される原則を中心に適用
に向けての取り組みを進めております。

補充原則 適用に向けて
1-2④ 少なくとも機関投資家向けに議決権電子行使
プラットフォームを利用可能とすべき
適用済み
3-1② 開示書類のうち必要とされる情報について、英
語での開示・提供を行うべき
英語版の決算短信を開示するなど、既に英語での
情報開示に着手しており、今後もその他媒体の英
文開示を進めてまいります。
3-1③ TCFD または同等の枠組みに基づく開示の質と
量の充実を進めるべき
2022 年、TCFD 提言に賛同いたしました。今後、気
候変動リスクと収益機会を分析し、開示項目に沿
った情報開示を行ってまいります。
4-8 取締役会において独立社外取締役3分の1以
上(必要な場合は過半数)を選任すべき
適用済み
4-10① 指名委員会・報酬委員会について独立社外取締
役過半数を基本とし、独立性に関する考え方・
権限・役割等を明らかにすべき
指名・報酬委員会を 2019 年7月に設置しており、
現在2名の当社代表取締役と3名の社外取締役
(内、2名が独立社外取締役)で構成されておりま
す。今後、過半数を目指すとともに、独立性につい
ての考え方や権限、役割等の情報開示を進めてま
いります。



4 / 4

(5)株式施策による流通株式数の増加
東京証券取引所判定の移行基準日以降、流通株式より除外されている事業法人等所有の株式の
立会外分売および市場での売却、株主優待制度の導入を実施いたしました。
引き続き企業経営の方向性を慎重に見極め、一部既存株主の株式保有比率の引き下げを実施す
ることで 50%以上の流通株式比率を目指すとともに、当社グループの一層の経営安定化と企業価
値の向上により、流通株式時価総額の増加に努めてまいります。


以 上

次権利日優待利回り貸借区分前日終値
5月29日
(13日)
0.45%
(GL40.4)
貸借銘柄2606円
優待関係適時開示情報
上場維持基準の適合に向けた計画に基づく進捗状況について(23/08/30)

優待基礎データ

5月

【200株】オリジナルカタログギフト 4000円相当
市場価値:不明

利回り

利回り区分利回り(200株)
配当利回り0%
優待利回り0.45%
総合利回り0.45%

※優待利回りについて、市場価格が不明なものは比較のために公称価格に対して独自に係数をかけています。例えば、カタログギフトは0.6倍、食品は0.5倍、自社商品は0.4倍などとなっておりますので優待利回りについてはご参考までにご覧くださいませ

株数毎の必要金額

株数概算必要金額
100株約26万円
200株約52万円
1000株約261万円

一般信用関係データ

クロスコスト計算




計算株数 :
計算金額 :
計算日数 :

買建手数料:
買建金利 :
売建手数料:
貸株料金 :
プレミアム:
管理費等 :

手数料合計:

直近の一般信用在庫履歴(過去24時間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

前回権利日の一般信用在庫(過去30日間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

カブドットコム証券における過去1週間の抽選倍率

日付抽選対象在庫申込株数抽選倍率
過去2週間に抽選はありませんでした

カブドットコム証券における過去1週間のプレミアム料推移

Canvas not Supported/....

制度信用関係データ

理論逆日歩

逆日歩最大額:12960円(200株/3日/4倍)
逆日歩最大額:25920円(200株/3日/8倍)

直近の逆日歩履歴

日時逆日歩日数貸株超過規制
5月16日0.05円1日▲-9800株注意喚起
5月15日0.15円3日▲-5600株注意喚起
5月14日0円-日-注意喚起
5月13日0円-日-注意喚起
5月10日0円-日-注意喚起

当該ページの情報については、情報の正確性のチェックはしておりませんため、誤った情報が表示されている可能性があります。このことについてご留意頂き、投資判断においてはご自身で再度情報の正確性をご確認いただきますようお願いいたします。


Gokigen Life .TOKYO
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com