3179 シュッピン

3月優待銘柄

保有株式数に応じて、購入5000円引き、売却5%上乗せに利用できる「株主様ご優待券」が贈られます。また、継続保有期間2年以上の株主には1枚が追加進呈されます。

保有株式数優待内容
100株以上株主様ご優待券1枚
300株以上株主様ご優待券2枚
1,000株以上株主様ご優待券3枚
10,000株以上株主様ご優待券5枚

◆株主ご優待券
・当社専門店での商品購入・売却金額について、以下の通り優待させていただきます。
・1回のお取引(商品購入または売却)につき1枚のみご利用いただけます。
・ご購入の場合:5,000円割引(5,000円未満の商品購入時は商品購入額分の割引です)
・ご売却の場合:5%上乗せ(当社買取見積額100万円を上限とします)

◆贈呈時期
毎年6月の当社定時株主総会終了後に送付する決議ご通知への同封を予定しております。

◆有効期限
翌年の6月30日まで

◆継続保有の条件
継続保有期間2年以上の株主様とは、株式数100株以上を保有し、毎年3月末日に確定する株主名簿に同一株主番号で3回以上連続して記載または記録されている株主様を指しています。

決算説明会資料
2022年3月期

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
1
会社概要
商号シュッピン株式会社SyuppinCo., Ltd.
証券コード3179
代表者小野尚彦
本社所在地東京都新宿区西新宿1-14-11Daiwa西新宿ビル3階
設立2005年8月
事業内容インターネットを利用して、「価値ある大切な新品と中古品」を安心安全にお取引を行う
従業員数215名(2022年3月末)
沿革
1994年8月専門店屋号「MapCamera」としてカメラ事業を創業
2005年8月当社設立(資本金100,000千円)
2006年6月時計買取・販売事業を開始
2008年4月筆記具買取・販売事業を開始
2008年11月スポーツ自転車買取・販売事業を開始
2012年12月東京証券取引所マザーズ市場に上場
2015年12月東京証券取引所第一部市場に市場変更
2019年12月レディース腕時計専門サイトをオープン
2022年1月(株)フクイカメラサービスとの資本業務提携締結
2022年4月東京証券取引所プライム市場へ移行
1

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
2022年3月期決算ハイライト
2
期初計画比:113.7%
コロナ禍でありながらも、当社が取り扱う商材への需要はかわらず
特にカメラ・時計においては需要が想定よりも上回る。
通期計画・実績比較
38,230
41,576
2,966
43,453
3,140
売上営業利益
通期期初計画
修正計画
(単位:百万円)
1,849
期初
期初
売上高
修正
■売上高実績
■営業利益実績
修正
売上高、営業利益ともに期初計画を大きく上り、過去最高の通期売上高、営業利益を更新
営業利益
期初計画比:169.9%
カメラ・時計の需要増による粗利益の確保とAIMDの導入により
中古カメラの粗利率は高い水準を維持。また、EC主軸のビジネ
ススタイルにシステム導入(AI)やジョブローテーションを実施し
たことで業務が仕組み化し、販管費をコントロール。
【カメラ】各メーカーフルサイズミラーレスへ本格移行し、業界が盛り上がりをみせる
主なEC投資:AIMD導入、AIコンテンツレコメンド導入(2022.3.26)
【時計】戦略的に実施した商品ラインナップ拡充とロレックスの価格高騰が
追い風となり、国内だけでなくグローバルでも売上拡大

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
4Q単体決算ハイライト
8,517
9,5...
10,100
10,036
9,118
9,854
11,913
12,568
341
498
574
437
677
637
1,015
809
0
200
400
600
800
1,000
1,200
1,000
3,000
5,000
7,000
9,000
11,000
13,000
1Q2Q3Q4Q
売上高(計画)左軸
売上高(実績)左軸
営業利益(計画)右軸
営業利益(実績)右軸
(単位:百万円)
期初計画・実績四半期推移
3
引き続き、カメラ・時計共に需要が強く、
あわせてAIMDの活用により粗利率は
全体で4Q単体18.6%と高い水準を維持
売上高、営業利益ともに期初計画を大きく上回り、過去最高額を更新
主軸のECが好調に推移し、
四半期でのEC売上高過去最高額を更新
売上高
粗利率
【粗利率推移(全体)】
1Q:19.3%2Q:18.0%
3Q:18.1%4Q:18.6%通期:18.5%

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
4
販売チャネル別売上高推移(月次)
(単位:百万円)
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
3,000
3,500
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

店舗売上(免税除く)
EC売上
免税売上
2019年
2020年
EC売上高
前年同月比
169%
130%
118%
2021年
E C
店舗
免税
4Qすべての月において、前年同期比を大きく上回る
季節性もありやや減少しているものの、コロナ前と比べると高い水準となる
4/25~5/11
カメラ店舗臨時休業
4/11~5/25
店舗臨時休業
コロナ禍が続く中、回復傾向にある
2022年

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
5
販売チャネル別売上高推移(四半期)
3,614
3,426
4,202
4,450
4,220
4,673
5,102
5,067
4,867
5,396
5,929
5,534
4,894
5,823
5,262
5,565
4,875
6,648
7,187
6,846
6,728
7,038
8,350
9,232
1,752
1,730
2,103
2,035
1,985
2,288
2,396
2,212
2,055
2,302
2,550
2,361
2,410
2,840
2,204
1,973
854
1,646
1,885
1,599
1,265
1,328
1,766
1,980
412
224
516
526
538
752
920
795
825
922
1,082
823
1,098
786
1,092
739
81
317
602
1,443
1,127
1,488
1,796
1,355
0
2,000
4,000
6,000
8,000
10,000
12,000
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
店舗免税
店舗売上(免税除く)
EC売上
(単位:百万円)
20.03期
21.03期
19.03期18.03期17.03期22.03期
4/25~5/11
カメラ店舗臨時休業
4/11~5/25
店舗臨時休業
5
概要概要
EC売上高が好調に推移したことで、売上高過去最高額更新

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
6
販売チャネル別売上高推移(年度)
2,636
2,972
3,067
3,743
4,554
6,239
8,224
9,871
13,032
15,694
19,062
21,709
21,544
25,535
31,350
4,059
4,679
4,709
5,040
5,517
6,223
7,379
9,294
9,672
9,301
11,858
12,899
13,114
8,425
12,103
39.4%
38.8%
39.4%
42.6%
45.2%
50.1%
52.7%
51.5%
57.4%
62.8%
61.6%
62.7%
62.2%
75.2%
72.1%
0
5,000
10,000
15,000
20,000
25,000
30,000
35,000
40,000
45,000
08.03期09.03期10.03期11.03期12.03期13.03期14.03期15.03期16.03期17.03期18.03期19.03期20.03期21.03期22.03期
EC売上
店舗売上
EC売上比率
概要概要
EC売上高が前年比122.8%となり、売上高300億円を突破

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
7
EC売上高推移
2019年
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
3,000
3,500
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

2020年
EC売上高が好調に推移し過去最高額を更新
自社サイト比率は、越境ECの売上高が増加する中でも、4Q単体82.8%と高い数値となる
2021年
(単位:百万円)
20.03期21.03期19.03期22.03期
68.9%
72.3%
73.0%
74.4%
74.8%
76.3%
81.8%
81.1%
79.7%
80.0%
81.0%
81.4%
81.2%
81.5%
79.1%
82.8%
0
2,000
4,000
6,000
8,000
10,000
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
新品
中古
自社サイト比率
月次推移
(単位:百万円)
概要
2022.3期1Q2Q単体3Q単体4Q単体2022.3期通期
EC売上高
6,7287,0388,3509,23231,350
自社サイト比率
81.2%81.5%79.1%82.8%81.3%
モール比率
(海外モール含む)
18.7%18.5%20.9%17.2%18.7%
(単位:百万円)
2022年
四半期推移

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
8
越境EC(海外モール)・免税・店舗売上高推移
0
200
400
600
800
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

新品
中古
(単位:百万円)
(単位:百万円)
2019年2020年
0
50
100
150
200
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

2019年
2020年
2021年
2021年
カメラ・時計共に国内だけでなく海外での需要も高く、越境ECが前年同期比183%と好調に推移
0
200
400
600
800
1,000
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

(単位:百万円)
2019年
2020年
2021年
越境EC(海外モール)売上
店舗売上
(免税除く)
8
概要
2022年
2022年
2022年
免税売上

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
9
事業別売上高(四半期)
4,351
3,832
4,904
5,042
4,830
5,308
5,944
5,855
5,387
5,727
6,635
6,025
5,520
6,255
5,873
5,624
4,145
6,209
7,161
6,505
5,824
6,309
7,624
8,146
1,225
1,343
1,696
1,747
1,679
2,141
2,174
1,980
2,115
2,670
2,676
2,397
2,633
2,903
2,420
2,372
1,388
2,034
2,167
3,091
2,994
3,248
4,002
4,119
118
122
138
132
140
140
156
137
124
112
120
135
126
124
125
126
86
125
129
66
87
96
100
106
83
83
82
90
94
100
121
121
113
112
121
133
122
165
113
150
190
217
216
224
212
199
185
194
0
2,000
4,000
6,000
8,000
10,000
12,000
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
自転車事業
筆記具事業
時計事業
カメラ事業
(単位:百万円)
20.03期
21.03期
17.03期
18.03期
19.03期
各事業(商材)ともに好調に推移し、売上高過去最高額更新
9
概要
22.03期

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
10
6,646
7,205
9,176
11,333
13,758
16,752
18,131
21,937
23,776
23,274
24,022
27,904
1,925
2,497
2,838
3,640
4,680
5,301
6,013
7,974
9,860
10,330
8,681
14,364
147
199
223
309
363
470
511
573
491
502
408
391
66
168
224
320
363
360
399
436
480
551
848
792
0
5,000
10,000
15,000
20,000
25,000
30,000
35,000
40,000
45,000
50,000
11.03期12.03期13.03期14.03期15.03期16.03期17.03期18.03期19.03期20.03期21.03期22.03期
カメラ事業
時計事業
筆記具事業
自転車事業
(単位:百万円)
事業別売上高(年度推移)
概要概要
カメラ事業においては注目の新製品(ミラーレスカメラのフラッグシップモデル)が登場し、
時計事業においては戦略的商品ラインナップの拡充とロレックスの価格高騰も追い風となった

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
11
売上高全体に占める中古品比率推移
中古品比率
19.3期20.3期21.3期22.3期
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
46.4%46.4%52.0%45.1%56.1%53.9%57.5%57.5%56.8%50.6%51.0%54.9%56.5%55.8%53.4%54.8%
51.7%
53.9%
50.8%
51.9%
59.2%
53.4%
52.4%
58.2%
57.7%
53.8%
58.8%
50.3%
60.8%
59.6%
54.6%
53.2%
59.9%
61.7%
60.0%
57.4%
55.6%
48.7%
53.4%
49.5%
51.2%
51.6%
50.6%
58.0%
57.1%
52.0%
54.5%
57.8%
57.6%
54.7%
57.2%
55.6%
56.5%
58.3%
46.8%
56.1%
57.7%
50.9%
30.0%
40.0%
50.0%
60.0%
70.0%
10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
2018年2019年
2020年
3月はカメラ注目新製品発売により新品売上高比率が上昇したことで変動
通期では中古品比率55.0%とバランスよく推移
2021年
11
概要
2022年

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
カメラ事業中古EC買取推移
(単位:百万円)
998
944
1,057
964
1,085
1,377
1,462
1,310
1,223
1,546
1,417
1,511
1,176
1,877
1,931
1,835
1,481
1,758
1,906
2,141
56.3%
53.2%
54.9%
55.0%
59.2%
60.2%
59.4%
59.7%
59.5%
63.3%
61.9%
65.0%
85.9%
78.8%
74.7%
77.3%
79.8%
80.8%
77.9%
79.5%
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
EC買取額(左軸)
EC買取比率(右軸)
18.03期
19.03期
20.03期
昨年度より、AIMD及び、AI顔認証システムの導入などEC強化を促進させたことで、
ECでの買取額、買取比率共に順調に推移
21.03期
22.03期
12
概要
AI顔認証システム
導入
AIMD 3月末導入

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
13
カメラ事業下取・先取交換件数推移
4Q下取、先取交換前年同期比126.6%と大きく上回る
注目の新製品発売もあったことで追い風要因となった
3,210
3,086
3,374
3,534
3,682
4,754
4,858
4,419
4,375
4,692
5,256
4,633
4,335
6,553
6,252
5,468
4,702
5,772
5,603
5,930
3,369
3,159
3,265
3,820
3,251
4,271
4,258
4,173
3,717
4,367
4,896
5,174
4,391
7,801
6,525
6,100
5,004
6,943
7,924
8,707
0
2,000
4,000
6,000
8,000
10,000
12,000
14,000
16,000
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
下取交換件数
先取交換件数
20.03期
21.03期
19.03期
18.03期
22.03期
13
概要

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
14
決算概要:前年比較
(単位:百万円)
売上高
粗利率
営業利益
主軸のカメラ、時計の需要が強く、特に時計は売上高構成比が大きく増加した中で、
全体の粗利率は18.5%と堅調
(単位:百万円)
【前年同期比】全体:128.0%EC:122.8%店舗:143.7%
主軸のカメラ、時計のEC中心に好調に推移。
AIMD導入により、カメラ中古品の粗利率のコントロールと
販売管理費の抑制により、営業利益比率は7.2%と高い水準で順調に推移
販管費
販売促進費や手数料などの売上高連動分の費用が増加するも、ジョブローテションやシステム導入(AI活用)
による業務フローの仕組み化を行った結果、生産性が向上し売上比率は前年比▲2.5ptとなる
14
(単位:百万円)
1Q2Q3Q4Q
売上高33,960-9,1189,78911,913
12,56843,453
-128.0%38,2305,223
売上総利益6,29618.5%1,7581,7532,156
2,3428,035
18.5%127.6%—ー
販売管理費4,68313.8%1,0801,1311,140
1,5324,894
11.3%104.5%ーー
営業利益1,6134.8%6776221,015
8093,140
7.2%194.7%1,8501,290
経常利益1,6234.8%7026301,028
8063,187
7.3%196.3%1,8261,361
当期純利益1,0673.1%483436705
5682,207
5.1%206.8%1,242965
通期
22.03期21.03期
通期構成比構成比前年同期比期初計画
計画比増減

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
15
販売管理費の前年比較
21.03期通期22.03期通期前年同期比
実績売上比実績売上比
売上比
(PT)
増減
人件費
1,4044.1%1,5453.6%
▲0.5%
+141
広 告 宣 伝 費
560.2%470.1%
▲0.1%
▲9
販 売 促 進 費
8032.4%8952.1%
▲0.3%
+92
業 務 委 託 費
2910.9%3540.8%
▲0.1%
+63
支 払 手 数 料
8792.6%1,0012.3%
▲0.3%
+122
減 価 償 却 費
1610.5%1870.4%
▲0.1%
+26
地代家賃
3441.0%3490.8%
▲0.2%
+5
その他
7412.2%5121.2%
▲1.0%
▲229
販 売 管 理 費 計
4,68313.8%4,89411.3%
▲2.5%
▲211
(単位:百万円)
17.03期
18.03期
売上高販管費比率四半期推移
20.03期
19.03期
13.3%
12.6%
12.5%
12.7%
12.6%
13.4%
11.4%
12.6%
12.3%
11.0%
10.6%
12.0%
11.9%
11.2%
13.5%
15.5%
17.8%
13.9%
12.1%
13.0%
11.9%
11.6%
9.6%
12.2%
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
年間推移
16.3期17.3期18.3期19.3期20.3期21.3期22.3期
12.8%12.4%11.5%12.0%12.9%13.8%11.3%
21.03期
増加要因
売上増加に伴なう
クレジット利用料の増加
下取交換増加に伴う下取り額UP
株主優待利用の増加
22.03期
15
収益認識適応による
ポイント引当金計上方法の変更
(単位:百万円)
減少要因
業績好調につき業績賞与額増加

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
16
事業別業績の前年比較
事業・販売チャネル
()売上構成比
21.03期
通期
22.03期
通期
前年比備考
カメラ事業
(64.2%)
EC売上
20,76224,663118.8%
●EC売上高が堅調に推移
●AIMD効果で中古カメラの粗利率も高水準で安定したことで、セグメント利
益向上
店舗売上
3,2603,24199.4%
カメラ売上計
24,02227,904116.2%
セグメント利益
2,3243,154135.7%
時計事業
(33.0%)
EC売上
3,6335,624154.8%
●戦略的に行った商品ラインナップ拡充により、EC及び店舗売上高が
好調に推移し、全社売上高構成比が33.0%と増加
●中古品売上高の構成が上がったことで、セグメント利益向上
店舗売上
5,0478,740173.2%
時計売上計
8,68114,343165.5%
セグメント利益
3571,129316.2%
筆記用具事業
(0.9%)
EC売上
34433196.1%
●利益率の改善、費用低減により黒字転換
店舗売上
635994.6%
筆記用具売上計
40839195.9%
セグメント利益
▲305-
自転車事業
(1.8%)
EC売上
79473091.9%
●自社ECサイトの構成が上がったことで、
費用逓減もありセグメント利益向上
店舗売上
5362116.6%
自転車売上計
84879293.5%
セグメント利益
4040101%
合計
EC売上
25,53531,350122.8%
●EC強化を更に推し進めたことでEC売上高好調
店舗売上
8,42512,103143.7%
売上高合計
33,96043,453128.0%
(単位:百万円)
16

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
17
営業利益・営業利益率の四半期推移
(単位:百万円)
253
219
360
263
318
417
493
308
346
336
473
289
530
594
431
198
108
423
635
446
677
637
1,015
809
4.4%
4.1%
5.3%
3.8%
4.7%
5.4%
5.9%
3.8%
4.5%
3.9%
5.0%
3.3%
6.3%
6.3%
5.1%
2.4%
1.9%
4.9%
6.6%
4.5%
7.4%
6.5%
8.5%
6.4%
0
200
400
600
800
1,000
1,200
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
営業利益(左軸)
営業利益率(右軸)
20.03期
19.03期
18.03期
17.03期21.03期
22.03期
17
概要
6.4%と引き続き高い水準を維持(※例年4Q:業績賞与計上あり)
1店舗1屋号、EC主軸のビジネススタイルで、ジョブローテーションやAIMD×Oneto Oneなどのシステム導入
により業務が仕組み化されたことで生産性が向上。また、カメラ、時計の需要も強く、安定した粗利益の確保が可能に。

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
18
貸借対照表前年比較
昨年度に引き続き商品在庫投資継続し、来期スタートに向けても十分な水準を維持
(単位:百万円)
21.03期末
22.03期末
実績増減
流動資産
11,17812,820+1,624
現預金
1,8271,173▲654
商品
6,8268,329+1,503
固定資産
1,4341,585+151
資産合計12,61314,406+1,793
流動負債
3,9896,124+2,135
固定負債
2,2182,813+595
負債合計6,2088,937+2,729
純資産合計6,4045,468▲936
負債・純資産合計12,61314,406+1,793
18
概要

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
443,432
456,559
554,124
10,123
11,003
11,662
12,710
10,653
11,811
11,596
13,329
12,146
12,944
11,625
13,127
11,945
15,617
16,139
14,200
12,872
13,062
13,730
14,689
326,427
337,158
348,518
360,958
371,318
382,760
393,967
406,981
418,863
431,807
468,504
484,121
500,260
514,460
527,332
540,394
568,813
200,000
250,000
300,000
350,000
400,000
450,000
500,000
550,000
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
既存会員
新規会員
Web会員数の四半期推移
20.03期
19.03期
18.03期21.03期
毎月新規会員数が4,000名台~5,000名台で順調に増加
19
概要
22.03期

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
20
■関東
51.4%(東京23.1%)
近畿
15.1%
中部
13.7%
北海道・東北
7.7%
■九州・沖縄
6.5%
■中国
3.8%
■四国
1.8%
会員の年齢層は幅広く、10代~30代の割合は41.4%
インスタなどのSNS普及により、10代~30代の女性比率は22.6%と高い
若い世代の構成比増加している中でも、利用平均単価は変わらず維持されており、引き続き安定した会員構成を構築
Web会員数の会員属性
エリア分布
※()は女性比率
世代分布
17.4%
24.1%
24.2%
19.5%
9.9%
5.0%
20歳代以下
30歳代
40歳代
50歳代
60歳代
70歳以上
(4.7%)
(6.1%)
(10.4%)
(14.6%)
(20.8%)
(25.1%)
2022年3月末
41.4%43.7%14.9%
10歳~30歳代(22.6%)40歳~50歳代(12.7%)
60歳以上(5.6%)
男女比
男性:84.2%女性:15.8%
20
概要

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
四半期毎のWeb会員(既存顧客)のアクティブ率
(単位:人)
13,189
13,769
14,467
14,995
14,661
15,988
15,592
17,245
16,833
19,000
18,538
18,747
17,240
21,837
23,209
21,548
21,279
22,682
25,253
25,914
4.16
4.22
4.29
4.30
3.98
4.13
4.07
4.38
4.14
4.67
4.29
4.23
3.78
4.67
4.79
4.31
4.14
4.30
4.67
4.86
0
1
2
3
4
5
6
7
1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q1Q2Q3Q4Q
1Q2Q3Q4Q
購入会員数
アクティブ率
20.03期
19.03期18.03期21.03期22.03期
21
概要
過去最高の購入会員数、アクティブ率を更新
One to Oneマーケティング×AIMDの導入で、価格情報のリクエスト配信数が増加し(月平均約113万件)
売上促進に繋がる。
※アクティブ率...各四半期はじめの会員数に対する
その四半期の購入会員数(新規での購入会員は除く)


Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
22
欲しいリストの登録商品数
1,174,596
1,197,449
1,219,821
1,241,189
1,261,449
1,278,798
1,302,806
1,327,239
1,349,934
1,374,396
1,395,422
1,421,462
1,442,282
1,463,403
1,484,009
1,504,060
1,525,052
1,545,914
1,566,121
1,553,375
1,572,381
1,591,866
1,609,190
1,628,900
1,654,687
1,678,802
1,702,028
55,573
57,066
60,730
52,865
51,378
46,518
57,264
57,752
57,886
61,580
55,132
65,940
52,542
55,713
54,051
50,013
51,555
52,177
55,108
49,960
57,658
55,112
54,457
64,774
74,521
74,038
78,060
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
登録総数
新規登録数
2020年
2021年
22
概要
One to Oneマーケティング×AIMDの導入で登録商品値下がり時のリクエスト配信数が増加
また、新製品の発売やイベント効果もあり新規登録数も大きく増加
2022年

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
50,699
52,470
53,961
56,046
57,049
58,667
59,549
61,376
63,037
64,722
66,893
68,637
70,936
72,528
73,282
76,958
78,018
79,566
80,676
81,809
82,922
84,453
85,828
87,069
89,012
92,757
95,102
4,370
4,185
4,282
3,363
4,189
4,259
5,035
4,882
4,994
5,523
5,397
5,431
4,909
5,088
6,923
4,283
4,307
3,746
3,800
3,998
4,307
4,260
4,672
6,171
7,662
6,495
6,586
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
新規登録数
既存登録数
2021年2020年
入荷お知らせメール登録数
23
概要
4Q月平均約38万件の配信
2022年

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
2424
2022年3期振り返り

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
25
25
AIMD 稼働状況
カメラ事業部
従来
1Q
2Q
3Q・4Q
「売上」「粗利」「新規購入者数」など
バランスをみながら1年間のチューニングを実施
お客様と当社のスイートスポット
粗利率の推移
イメージ図
AI活用第1弾!
AIMD導入
チューニング
チューニング
チューニング第1弾完了!
(2021年3月末)
時間軸




Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
2626
AIコンテンツレコメンド導入(2022.3.24)
カメラ事業部
AI活用第2弾!
AIエンジンを活用してお客様の閲覧履歴や購買履歴を基に
「オススメのStockShot記事※」をLINE、メールマガジン、
アプリプッシュで自動配信するサービス
当社Web会員
約56万人様
Webコンテンツ
約25,000件
レコメンド記事配信
お客様ごとに適切な記事コンテンツを
お届けすることで興味関心の喚起や購入促進へ繋がる➡コンバーション率UP!
※マップカメラが発信する「Kasyapa」「Kasyapafor LEICA」「MapTimes」「MAP×Mountadapter」
を一つにまとめた総称で、皆様の生活に写真あるライフスタイルを提案するマップカメラウェブマガジン

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
27
店舗
PC
ECサイト
モバイルサイト
携帯・スマートフォン
公式アプリ
ライン・ユーチューブ
2021年
2018年
(創業)1994年
お客様
お客様の日常の中で
‟いちばん身近な場所“を
商圏の中心に
☑新着中古商品情報をいち早くお届け
☑WEBマガジンからのピックアップ記事をお届け
☑お得な情報をタイムラインで表示
2013年
2003年
ポータルサイト

+CGM
LINE・YouTube公式アカウント開設
会員数
10万人
(2007年)
20万人
(2013年)
30万人
(2016年)
40万人
(2019年)
50万人
(2020年)
会員数
56万人
(2022年3月)

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
28

28
資本業務提携
(株)フクイカメラサービス(2022.1.26)
×
●フクイカメラサービス発行済株式総数の35%取得
●カメラのコンディションチェック及び修理事業の協力、
強化を行い品質向上にむけた事業協力
●商品の安定供給を行う為の事業協力、共同事業実施の検討
●人事交流を通じた事業ノウハウの共有や人材育成
資本業務提携内容
フクイカメラサービスについて
●国内でもトップクラスの技術を誇るカメラ修理企業であり、
業務開始から57年、日本全国から年間約7万台を超える修理品実績
●当社との取引は約7年前から開始
●経営理念「色褪せない技術、色褪せない人、色褪せない企業」
共通ビジョンとし、カメラ業界において唯一無二の会社を一緒に目指していきます。
「色褪せない技術にて、安心安全の中古品をお客様に提供致します」

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
2929
カメラマーケット
中古シェア
約20~23%
●メーカー各社の動き
2020年度よりフルサイズミラーレスカメラへ
の本格移行がはじまったことで業界が活性化され
カメラ専門店への追い風となる。
●国内シェア
カメラを本格的な趣味にしたり、映像業界の活性化に
より仕事にする人も年々増加傾向。
より高い専門性が求められてくるため、
量販店から専門店への新規顧客の流れ込みを期待。
●新製品が発売効果
ひと世代前のモデルがお値打ちになるため、
中古品も活性化される。
ポイント
新品シェア
約8~10%
出所:GfKJapan2021年度
「リユース市場データブック2021」リフォーム産業新聞発行

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
3030
アンリミテッド導入
時計事業部
ロレックスWeb掲載数
国内最大級
2,106本
(2021年12月)
588本
(2020年3月)
ロレックスWeb掲載数
世界No.1の在庫を
目指す
(20XX年)
カメラ事業で先に導入した「ワンプライス買取」を時計事業でも実施。
ロレックスを中心とし世界的に公休機械式時計の需要が高騰したことで、他店との
買取競争となるが「アンリミテッド」の導入により安定した仕入れが可能となった。
また、これまでに築いてきたブランディング力(お客様からの信頼)、上場企業と
しての社会的信用も当社ならではの強みとなった。
ワンプライス買取
※対象条件あり
2020年9月
ロレックス
ラインナップ拡充
戦略開始

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
31
時計マーケット
日本国内
輸入時計市場
約5,857億
2021年9月~
商品ラインナップ拡充戦略
(ロレックスを中心にラインナップ拡充)
2021年12月~『国内最大級』の取り扱い
2023年3月期~
今後は更に国内・海外でのシャアUPを狙う
2022年3月月間最高売上高達成
2022年4月~GMT知名度向上により
新規顧客増加、免税売上高伸長
ロレックスの価格高騰も追い風となる
(出所:一般社団法人日本時計協会2021年1月~12月)
当社
約140億

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
3232
シュッピンのグローバル展開
コロナ禍における
2022年3月期
約73億
(前年比222.3%)
2021年3月期
約33億
大幅増大
海外に出ていくのではなく、国内にいながらグローバル化を促進
海外から人を呼び込む・海外顧客から“選んでもらえる”お店に
【カメラ事業】2017.8「eBay」に出店
【時計事業】2019.5「クロノ24」、2020.7「eBay」に出店
フィードバック数約1.3万件
99.8%ポジティブフィードバック
フィードバック数約155件
100%ポジティブフィードバック
評価数約300件
平均星5つ/5つ中
<越境EC +免税売上高>

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
3333
プライム市場への移行
サスティナブルなビジネススタイルをグローバルでも生かし
国内だけでなく海外機関投資家へのアプローチも更に強化。
より高いガバナンス水準を備え、投資家との建設的な対話を中心に据えて
持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に努めてまいります。
2022年4月4日に東証一部からプライム市場へ移行いたしました。

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
3434
中期経営計画について

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
35
中期経営計画の考え方
主軸となるカメラ、時計の更なる成長と越境ECのグローバル展開の活性化、
引き続きAI活用による粗利率改善とスリム経営による売上高販管費比率の低減によって、
売上高成長以上の利益成長を目指す
売上高
成長率
粗利率
▶粗利率全体では、23.3期:19.0%24.3期:19.2%25.3期:19.2%
AIMDにより23.3期は前期に対して0.5pt改善させ、売上が増加する中でその水準を
維持及び更なる改善を図る
費用
▶生産性、効率性改善のため基幹システムリプレイスのIT投資を24.3期に実施
設備投資額合計23.3期:2.3億円24.3期:5.7億円25.3期:2.2億円
▶EC売上高の持続的成長継続
カメラ、時計事業の成長により、EC売上高成長率113%超を継続
カメラEC:111%時計EC:120%
▶店舗売上高については伸び率限定的で計画
35
投資
▶システム導入による業務フローの仕組み化によって22.3月期に大きく改善した販管費については、
23.3期以降も推し進め、固定費の抑制と変動費の低減によって、25.3期の販管費率は10.8%
経常利益
▶粗利率改善、販管費率低減による収益効率改善を見込み、25.3期の経常利益率は8.4%

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
36
(単位:百万円)
中期損益計画
36
構成比
(金額:百万円)
実績構成比前期比計画構成比前期比計画構成比前期比計画構成比前期比
売上高43,453
-128.0%
48,260
-111.1%
53,936
-111.8%
60,385
-112.0%
(EC)
(31,350)(72.1%)(122.8%)(35,179)(72.9%)(112.2%)(39,824)(73.8%)(113.2%)(45,143)(74.8%)(113.4%)
カメラ事業27,90464.2%116.2%30,77063.8%110.3%33,84462.7%110.0%37,24961.7%110.1%
(EC)(24,664)(118.8%)(27,313)(110.7%)(30,317)(111.0%)(33,652)(111.0%)
時計事業14,36433.1%165.5%16,00033.2%111.4%18,25333.8%114.1%20,86234.5%114.3%
(EC)
(5,624)(154.8%)(6,527)(116.1%)(7,833)(120.0%)(9,399)(120.0%)
筆記具事業3910.9%95.9%5151.1%131.6%6321.2%122.9%7791.3%123.1%
自転車事業7921.8%93.5%9752.0%122.9%1,2062.2%123.8%1,4952.5%123.9%
売上
総利益
販売
管理費
営業利益3,1407.2%194.7%3,5077.3%111.6%4,5008.3%128.3%5,0918.4%113.1%
経常利益
3,187
7.3%
196.3%3,4777.2%109.1%4,4768.3%128.7%5,0678.4%113.2%
当期
純利益
今期
22.03期23.03期24.03期25.03期
8,035
18.5%
127.6%9,14919.0%111.9%
4,894
11.3%
104.5%5,64311.7%115.3%5,87610.9%104.1%
113.9%10,37519.2%113.4%11,60619.2%
6,51510.8%110.9%
2,2075.1%206.8%2,3995.0%108.6%3,0885.7%128.7%3,4965.8%113.2%

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
37
8,783
10,072
12,463
15,604
19,166
22,705
24,996
30,921
34,609
34,659
33,961
43,453
48,259
53,935
60,384
59
62
72
86
100
112
120
143
152
144
136
172
177
184
196
0
20
40
60
80
100
120
140
160
180
200
220
0
10,000
20,000
30,000
40,000
50,000
60,000
70,000
11.03期12.03期13.03期14.03期15.03期16.03期17.03期18.03期19.03期20.03期21.03期22.03期23.03期24.03期25.03期
総売上(左軸)
1人当たり売上高(右軸)
(単位:百万円)
計画
(単位:人、百万円)
※1人当たり売上高=年間売上高÷期首、期末平均従業員数(派遣・アルバイト含む)
※2019.3期から新卒採用をスタート
従業員数/1人当たり売上高
中期売上高及び人員計画
●25.3期は一人当たり売上高過去最高を目指す
11.03期12.03期13.03期14.03期15.03期16.03期17.03期18.03期19.03期20.03期21.03期22.03期23.03期24.03期25.03期
従業員数
(派遣・アルバイト
含む)
1人当たり
売上高
319
196152144136172177184
291296
59627286100112120143
210216229248252253156167177184197205

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
3838
2023年3期
取り組み施策

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
3939
~購入前・購入時・購入後~
3つのサイクル×LINE
☑「購入前・購入時・購入後」どのシーンにおいても
お客様に楽しさや利便性を感じていただけるような仕組み作り
☑3つのサイクルに「Oneto Oneマーケティング」やLINEが加わることで
商圏は更に拡大➡今後もこのサイクルに「+」「×」をしていく
購入前
購入後
購入時
購入前
購入後
購入時
One to One
マーケティング
AIMD
20XX年
2021年
2018年
当社を強くする!
プラス掛け合わせ
2022年
LINE
購入前
購入後
購入時
One to One
マーケティング
AIMD
OnetoOneで受け取れる
お知らせ機能をLINEに導入
(※2022年4月導入済)
更なるシェア拡大

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
4040
Digital
省人化による原資の分配
Resilience
メイン事業の柔軟な投資
Solidity
オペレーションの標準化
重複業務の削減
Agility
ジョブローテーション
スキルアップ
4つのシンカは当社のすべての取り組みと全従業員の行動目標に紐づいています。
「ムダ・ムリ」をなくしたスリムな経営、社内エンゲージメント強化を進め
社員の成長とともに会社の成長を目指します。
4つのシンカ
×バリューチェーン・シナリオプランニング

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
4141
新たな部門の設立(2022年4月4日)
DX/IT経営推進室ESG経営推進室
取締役上席執行役CIOを室長として新設取締役上席執行役COOを室長として新設
プライム市場の会社として、全社におけるDX/IT、ESGを推進して参ります。
『リバリュー』×『テクノロジー』を追求しサステナブルな企業成長を目指す
サーキュラーエコノミー型事業を軸に、グロー
バルを視野に入れた多種多様な人材が活躍でき
る場を提供し、エンゲージメントの取れた企業
風土と法令の遵守、コーポレート・ガバナンス
体制を強化し、持続可能な企業成長を目指す。
データ、AI、ITテクノロジをもちいて、取り扱
い分野においてお客様に圧倒的に支持されるEC
サイトを構築運用すると共に、自他ともに認め
るテクノロジー・リテールカンパニーへと会社
変革を遂げることを目指す。

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
4242
T C F D 提言、C D P 回答について
☑2020年度スコープ算出結果を掲載
☑TCFD提言に基づく情報開示は6月中予定
☑2022年CDP質問書の回答準備中
コーポレートサイトをリニューアルし「サステナビリティ」のページを新設
https://www.syuppin.co.jp/sustainability/
SDGsへの取り組みやESGデータなども確認できます

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
4343
SDGsへの取り組み
商品梱包材は環境に配慮したものを使用
価値ある大切な商品の新たな創造事業
名刺、封筒などの備品は
環境に配慮したものを使用
環境に優しいオリジナル
ノベルティグッズの制作
9項目を中心に取り組みを行っておりますが
今後17項目すべてを網羅できるよう目指して参ります。

Copyright 2022Syuppin Co.,Ltd. All Rights Reserved.
44
業績見通しに関する注意事項
●本発表において提供される資料及び情報は、いわゆる「見通し情報(forward-looking statements)」を含み
ます。これらは現在における見込み、予測及びリスクを伴う想定に基づくものであり、実質的にこれらの記述
とは異なる結果を招き得る不確実性を含んでおります。
●これらリスクや不確実性には、一般的な業界並びに市場の状況、金利、通貨為替変動といった一般的な国内
及び国際的な経済状況が含まれます。
●今後、新しい情報・将来の出来事等があった場合であっても、当社は、本発表に含まれる「見通し情報」の
更新・修正をおこなう義務を負うものではありません。
44

次権利日優待利回り貸借区分前日終値
3月29日
(123日)
1.2%
(GL14.4)
貸借銘柄1504円
優待関係適時開示情報
2022年3月期 決算説明会資料(22/05/17)

優待基礎データ

3月

【100株】割引券 5000円相当
市場価値:1800円

利回り

利回り区分利回り(100株)
配当利回り0%
優待利回り1.2%
総合利回り1.2%

※優待利回りについて、市場価格が不明なものは比較のために公称価格に対して独自に係数をかけています。例えば、カタログギフトは0.6倍、食品は0.5倍、自社商品は0.4倍などとなっておりますので優待利回りについてはご参考までにご覧くださいませ

株数毎の必要金額

株数概算必要金額
100株約15万円
300株約45万円
1000株約150万円
10000株約1504万円

一般信用関係データ

クロスコスト計算




計算株数 :
計算金額 :
計算日数 :

買建手数料:
買建金利 :
売建手数料:
貸株料金 :
プレミアム:
管理費等 :

手数料合計:

直近の一般信用在庫履歴(過去24時間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

前回権利日の一般信用在庫(過去30日間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

カブドットコム証券における過去1週間の抽選倍率

日付抽選対象在庫申込株数抽選倍率
22年11月29日101300株0株0倍
22年11月28日101300株0株0倍
22年11月25日101300株0株0倍
22年11月24日101300株0株0倍

カブドットコム証券における過去1週間のプレミアム料推移

Canvas not Supported/....

制度信用関係データ

理論逆日歩

逆日歩最大額:3840円(100株/3日/4倍)
逆日歩最大額:7680円(100株/3日/8倍)

直近の逆日歩履歴

日時逆日歩日数貸株超過規制
11月28日0円-日-
11月25日0円-日-
11月24日0円-日-
11月22日0円-日-
11月21日0円-日-

当該ページの情報については、情報の正確性のチェックはしておりませんため、誤った情報が表示されている可能性があります。このことについてご留意頂き、投資判断においてはご自身で再度情報の正確性をご確認いただきますようお願いいたします。


Gokigen Life .TOKYO
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com