3038 神戸物産

10月優待銘柄

株式の保有数に応じて、JCBギフトカードが贈られます。

保有株式数保有3年未満保有3年以上
100株以上JCBギフトカード1000円JCBギフトカード3000円
1,000株以上JCBギフトカード10000円JCBギフトカード15000円
2,000株以上JCBギフトカード15000円JCBギフトカード20000円

◆贈呈時期
毎年1月末頃の発送を予定しております。

◆継続保有の条件
継続保有年数3年以上とは、期末日及び中間期末日の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載または記録されることといたします。

2023年9月12日
2023年10月期第3四半期決算説明資料

◤◤目次
●連結業績及びハイライト(累計)2
●業務スーパー事業4
●業務スーパー契約概要5
●業務スーパー店舗数推移6
●業務スーパー出荷実績(前年比)推移7
●当社の強み“商品力”8
●外食・中食事業9
●エコ再生エネルギー事業13
●株主還元策15
●連結業績予想16
◤◤目次
1

◤◤連結業績及びハイライト(累計)
2
220,351
259,362
267,374
300,016
338,767
100,000
150,000
200,000
250,000
300,000
350,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】売上高推移
<百万円>
35,145
36,493
32,410
35,484
39,109
15.9%
14.1%
12.1%
11.8%
11.5%
0.0%
4.0%
8.0%
12.0%
16.0%
20,000
25,000
30,000
35,000
40,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】売上総利益推移
売上総利益売上高総利益率
<百万円>
20,652
17,813
11,181
13,636
15,830
9.4%
6.9%
4.2%
4.5%
4.7%
0.0%
2.0%
4.0%
6.0%
8.0%
10.0%
0
5,000
10,000
15,000
20,000
25,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】販売管理費推移
販売管理費売上高販管費率
<百万円>
14,493
18,679
21,228
21,847
23,278
6.6%
7.2%
7.9%
7.3%
6.9%
0.0%
2.0%
4.0%
6.0%
8.0%
10.0%
0
5,000
10,000
15,000
20,000
25,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】営業利益推移
営業利益売上高営業利益率
<百万円>

◤◤連結業績及びハイライト(累計)
【業績ハイライト解説】
●売上高
新規出店と既存店への商品出荷が好調に推移したことにより、前年比387.50億円、12.9%の増加
●売上総利益
為替変動の影響を受けつつも、売上高が好調に推移したことにより、同36.25億円、10.2%の増加
●販売管理費
業務スーパー事業における運賃と、直営で運営する焼肉店の出店に伴う人件費や家賃等の増加により、同21.93億円、16.1%の増加
●営業利益
上記の結果、同14.31億円、6.6%の増加
●経常利益
リスクヘッジのために取り組んでいる為替予約関連の時価評価損により、同9.44億円、4.0%の減少
評価損については四半期末日の為替相場によって変動するが、当期中において縮小の見込み
●親会社株主に帰属する四半期純利益
上記の結果、同3.42億円、2.1%の減少
3
14,606
18,485
22,205
23,638
22,694
6.6%
7.1%
8.3%
7.9%
6.7%
0.0%
2.0%
4.0%
6.0%
8.0%
10.0%
0
5,000
10,000
15,000
20,000
25,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】経常利益推移
経常利益売上高経常利益率
<百万円>
9,292
11,656
14,883
15,932
15,590
4.2%
4.5%
5.6%
5.3%
4.6%
0.0%
2.0%
4.0%
6.0%
8.0%
0
5,000
10,000
15,000
20,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】親会社株主に帰属する四半期純利益推移
親会社株主に帰属する四半期純利益売上高四半期純利益率
<百万円>

当社の主力事業です。業務スーパーFC本部としての加盟店への卸売やロイヤリティなどの他、自社グループ工場の損益
もこのセグメントに分類されます。
◤◤業務スーパー事業
■全国に1,032店舗展開(2023年7月末現在)
※2021年10月期より報告セグメントの区分変更を行ったため、2020年10月期より遡って表示しており、過去のデータとの連続性はありません。
■既存店好調により、売上高は会社計画を上振れて着地
■春からの円安局面を受けて、一部輸入PBについても価格
改定を実施
4
193,895
239,825
262,749
292,602
328,067
0
50,000
100,000
150,000
200,000
250,000
300,000
350,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】業務スーパー事業・売上高推移(累計期間)
<百万円>
15,810
20,316
23,925
24,432
25,550
8.2%
8.5%
9.1%
8.4%
7.8%
4.0%
5.0%
6.0%
7.0%
8.0%
9.0%
10.0%
0
5,000
10,000
15,000
20,000
25,000
30,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】業務スーパー事業・営業利益推移(累計期間)
営業利益営業利益率
<百万円>

◤◤業務スーパー契約概要
千葉県
33店舗
神奈川県
55店舗
東京都
64店舗
関西直轄
228店舗
関東直轄
191店舗
地方エリア
315店舗
損益勘定月額金額構成比
売上高43,500千円100.0%
売上総利益7,395千円17.0%
販売管理費6,499千円14.9%
内(賃料)1,300千円3.0%
内(人件費)2,393千円5.5%
営業利益896千円2.1%
契約概要・加盟条件
(2023年7月末現在)
損益シミュレーション
(標準的な業務スーパー)
当社のFC契約形態には、直轄エリア(※1)内に出店いただく際に締結するFC契約と、地方エリア(※2)内において業務スーパーの
チェーン化を許諾するエリアライセンス契約があります。また、兵庫県・大阪府において直営で3店舗運営しております。
※1.直轄エリア:北海道直轄:北海道
関東直轄:東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県
関西直轄:大阪府、京都府、兵庫県(淡路島を除く)、奈良県、和歌山県、滋賀県
九州直轄:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県
※2.地方エリア:上記直轄エリア以外の地域
直轄エリア地方エリア
契約社数89社15社
契約単位
1店舗単位で契約
どのオーナーでも出店可能
県単位で契約
エリアオーナーに独占権あり
加盟金
(消費税等別途)
200万円当該エリアの人口×2円
保証金1,000万円当該エリアの人口×5円
ロイヤリティ総仕入高の1%対象商品の仕入高の1%
設備費
常温棚及び冷凍設備工事約3,200~3,800万円
(上記は目安となり、物件により変動します)
別途:設備、建築工事一式、POSレジ、その他準備金等
配送料原則本部負担要相談
業務スーパーは直営3店舗をのぞき、フランチャイズで運営しております。
※生鮮など独自商品の取扱いによってシミュレーション
より効率的に運営されている加盟店も多くあります。
5

地方エリア
376
関西直轄
262
北海道直轄32
九州直轄83
東京都
83
埼玉県
65
千葉県
55
神奈川県
76
関東直轄
279
地方エリア
368
関西直轄
258
北海道直轄21
九州直轄67
東京都
81
埼玉県
63
千葉県
47
神奈川県
74
関東直轄
265
2023年7月末
1,032店舗(+53店舗)
◤◤業務スーパー店舗数推移
地域別の店舗数
2022年7月末
979店舗
3Q累計期間:出店34店舗、退店9店舗(純増25店舗)
6
(+4)
目標に対する進捗率:63%(目標:純増40店舗)
(+2)
(+8)
(+8)
(+ 14)
(+2)
(+2)
(+16)
(+11)
3Q会計期間:出店10店舗、退店1店舗(純増9店舗)
866
933
979
1,032
1,047
700
800
900
1,000
1,100
2020年
7月
2021年
7月
2022年
7月
2023年
7月
2023年
10月目標
業務スーパー店舗数推移
(店舗)

会計期間別
直轄エリア既存店
出荷実績
◤◤業務スーパー出荷実績(前年比)推移
集客の増加傾向により、既存店出荷実績も好調に推移
【業務スーパーへの出荷実績(前年比):%】
※全国は直轄エリア+地方エリア店舗への商品出荷実績となります。
2023年10月期
11月12月1月2月3月4月上期5月6月7月
直轄エリア
既存店105.6107.2103.9106.8103.2106.8105.6110.5105.6110.3
全店112.1112.6109.5112.5108.5112.7111.4116.5111.1115.5
全国全店111.6112.5109.3112.0108.3111.8111.0116.6110.3115.3
7
2020年緊急事態宣言時の
内食需要により前年割れ
1Q:105.7%
2Q:105.5%
3Q:108.8%
103.6
113.3
109.1
104.3
94.4
91.5
94.2
103.1
103.5
102.9
109.9
104.5
110.2
102.4
103.1
101.1
105.3
102.9
103.1
105.5
103.4
104.9
101.7
105.1
105.6
107.2
103.9
106.8
103.2
106.8
110.5
105.6
110.3
90.0
95.0
100.0
105.0
110.0
115.0
11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月
【直轄エリア/既存店】業務スーパー出荷実績
2021年2022年2023年
<前年比/%>
110.0
120.1
115.3
112.5
102.4
98.9
101.7
111.5
110.8
111.1
119.9
113.1
118.6
110.3
111.2
108.6
113.2
110.5
110.3
113.6
110.0
112.7
108.3
112.3
111.6
112.5
109.3
112.0
108.3
111.8
116.6
110.3
115.3
95.0
100.0
105.0
110.0
115.0
120.0
125.0
11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月
【全国/全店】業務スーパー出荷実績
2021年2022年2023年
<前年比/%>

32.75%
33.01%
32.94%
33.12%
34.29%
34.74%
34.75%
34.74%
34.47%
34.82%
34.68%
32.0%
33.0%
34.0%
35.0%
1Q2Q3Q4Q
PB比率推移
2021年10月期2022年10月期2023年10月期
◤◤当社の強み“商品力”
オリジナル商品の強化
※価格は税込です
店舗や時期により商品の取扱いや価格が異なる場合があります
PB商品(一例)
テンペ
450g375円
ブロッコリー
500g181円
ポテトサラダ
500g×2429円
鯖めんたい
1個257円
■自社グループ工場製造商品
■自社輸入商品
天然酵母食パン
1本284円
8
フレンチミニクロワッサン生地
240g429円
国内PB:11.2%
輸入PB:23.5%
■PB商品の出荷額は増加傾向にあるが、それ以上に
NBが好調に推移
■特に、猛暑の影響で飲料等の需要が増加

◤◤外食・中食事業
神戸クック・ワールドビュッフェ馳走菜
当社が主体となり直営またはFC本部として行っている外食・中食事業です。
ビュッフェレストラン「神戸クック・ワールドビュッフェ」や焼肉オーダーバイキングの「プレミアムカルビ」、惣菜店「馳走菜
(ちそうな)」がこのセグメントに分類されます。
プレミアムカルビ
※2021年10月期より報告セグメントの区分変更を行ったため、2020年10月期より遡って表示しており、過去のデータとの連続性はありません。
■3業態すべて好調に推移
9
■ゴールデンウイーク、夏休みなどのイベントで
集客が好調
上記の結果、セグメント業績も大きく改善
1,520
1,911
2,632
5,169
7,994
0
2,000
4,000
6,000
8,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】外食・中食事業・売上高推移(累計期間)
<百万円>
72
-24
-308
-102
360
4.7%
-1.3%
-11.7%
-2.0%
4.5%
-12.0%
-6.0%
0.0%
6.0%
12.0%
-400
-200
0
200
400
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】外食・中食事業・営業利益推移(累計期間)
営業利益営業利益率
<百万円>

◤◤外食・中食事業
神戸クック・ワールドビュッフェ
インバウンド・旅行客の回復により、引き続き各店舗にて団体需要が増加しております。全店
順調に客数が回復する中でも、特にハーバーランド店においては、新型コロナウイルス感染症感
染拡大前の売上水準を超えて着地する見込みです。
今後も、他店にはないメニュー構成、ボリュームと価格でお客様に満足いただけるサービスを
提供してまいります。
原点回帰
世界の料理が楽しめるカフェ&
ビュッフェフェア
合計店舗数:14店舗(2023年7月末現在)
2023年10月期の見通し
7月より“世界の料理が楽しめるカフェ&ビュッフェフェア”を開催しております。
3年ぶりの行動制限のない夏休みにおいて、ワールドビュッフェのコンセプトである世界各国
の100種類以上のメニューを、広々とした店内で時間を気にせずお食事していただけるという
ことを今一度お客様に認知していただく取り組みです。この取り組みが奏功し、夏休み期間は新
型コロナウイルス感染症感染拡大以降で最多客数を更新しております。
3Q累計期間:出店3店舗、退店0店舗(純増3店舗)
外国人観光客などを含む団体客の需要拡大で、好調に推移
10
3Q会計期間:出店1店舗、退店0店舗(純増1店舗)

◤◤外食・中食事業
プレミアムカルビ
合計店舗数:19店舗(2023年7月末現在)
プレミアムカルビの最大の特徴は、厳選された熟成肉と、店内手作りの
ジェラート&デザートです。リピーターのお客様にも楽しんでいただける
よう、季節ごとに新しいメニューを提供しており、6月から8月末までの
期間限定で「Italy Fair(イタリーフェア)」を実施しております。
また、デザートビュッフェでは季節ごとに旬の素材を使ったメニューを
展開しております。7月からはパチパチラムネやパチパチスイカなど夏を
感じられるジェラートも提供しており、ご好評いただいております。
行動制限解除によりイベントへの人流もあるが、夏休みの集客は堅調に推移
2023年10月期出店店舗
※店舗や時期によって取扱いメニューが異なる場合があります。
他社との差別化
3Q累計期間:出店3店舗、退店0店舗(純増3店舗)
11
レイクタウン店埼玉県越谷市レイクタウン5-1-2
富士店静岡県富士市高島町1番
中戸祭店栃木県宇都宮市中戸祭町828-18
3Q会計期間:出退店なし
9月、千葉県松戸市で1店舗出店予定
グランドメニュー

◤◤外食・中食事業
馳走菜(ちそうな)
合計店舗数:102店舗(2023年7月末現在)
原材料の価格高騰が続く中で、価格改定やメニューの改廃、調理
オペレーションの効率化などに取り組み、価格優位性を維持してお
ります。加えて、業務スーパーの集客力向上へのシナジー効果が高
く、加盟店の出店意欲も高まっております。
また、店内調理による出来立て感や、ボリューム感が引き続きお
客様に支持されております。
5月には、全国で100店舗を達成!
最近の状況
※店舗や時期によって取扱いメニューや価格が異なる場合があります。
3Q累計期間:出店17舗、退店2店舗(純増15店舗)
好調の背景
12
2022年12月にドラッグストア内に馳走菜を併設する新しい形で
出店し、お客様にも好評いただいております。
また、幅広いお客様にご支持いただけるよう新たなメニューの開
発にも注力しております。
今後も業務スーパーへの併設に限らず店舗数の拡大を図ります。
3Q会計期間:出店4舗、退店0店舗(純増4店舗)

◤◤エコ再生エネルギー事業
【写真】
自社太陽光発電所
東松島発電所(約30MW)
2023年秋稼働予定
■宮城県の太陽光発電所(約30MW)は2023年秋稼働予定。
これにより、当社が所有する太陽光発電所は約80MWに
なります。
再生可能エネルギーを活用し、環境に配慮した安全・安心なエネルギーの供給をしています。太陽光発電所及び木質バイオマ
ス発電所を運営しています。
■2022年6月に稼働した福島県西白河郡西郷村
の発電所(18.9MW)が増収増益に貢献
13
1,808
1,788
1,981
2,220
2,675
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
3,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】エコ再生エネルギー事業・売上高推移(累計期間)
<百万円>
297
233
380
427
726
16.4%
13.0%
19.2%
19.3%
27.2%
5.0%
10.0%
15.0%
20.0%
25.0%
30.0%
0
200
400
600
800
1,000
2019年7月2020年7月2021年7月2022年7月2023年7月
【連結】エコ再生エネルギー事業・営業利益推移(累計期間)
営業利益営業利益率
<百万円>
A工区B工区
C工区

◤◤エコ再生エネルギー事業
【太陽光】
兵庫県4か所
4.5MW
【太陽光】
北海道5か所
5.9MW
【太陽光】
福岡県1か所
0.9MW
【太陽光】
大阪府3か所
14.2MW
【太陽光】
徳島県1か所
2.1MW
【太陽光】
茨城県1か所
2.4MW
【バイオマス】
北海道白糠町
6.2MW
太陽光発電18ヵ所51.0MW
バイオマス1ヵ所6.2MW
全国の発電所
(2023年7月末現在)
【太陽光】
和歌山県1か所
1.6MW
【太陽光】
滋賀県1か所
0.5MW
【太陽光】
福島県1か所
18.9MW
14

当社は、株主様の日頃のご支援に感謝するとともに、多くの皆様に当社事業へのご理解を深めていただくことを目的に、株主優待を実施してお
ります。毎年10月31日時点で当社株式を100株以上保有いただいております株主様に、保有年数及び保有株式数に応じて「JCBギフトカード」を
贈呈いたします。






◤◤株主還元策





当社は株主様に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして
認識しております。事業拡大のための資金を確保しつつ、経営成
績に応じた利益配分を行うことを基本方針としております。
2022年10月期は例年通り年1回の期末配当で、当初予想の21円
より1円増配し、1株当たり22円を実施しました。
なお、2023年10月期の配当は22円を予定しております。
※2019年11月、2020年11月にそれぞれ1:2の割合で株式分割を実施して
おりますので、右のグラフは株式分割を考慮した金額となっております。
JCBギフトカード
保有株式数
優待の内容
継続保有年数3年未満継続保有年数3年以上
100株以上1,000株未満JCBギフトカード1,000円分JCBギフトカード3,000円分
1,000株以上2,000株未満JCBギフトカード10,000円分JCBギフトカード15,000円分
2,000株以上JCBギフトカード15,000円分JCBギフトカード20,000円分
※ご希望の株主様には、JCBギフトカードと引換えに額面相当のPB商品詰め合わせをお送りしております。
15
10.00
15.00
20.00
22.00 22.00
17.8%
21.5%
22.1%
23.1%
23.0%
0.0%
5.0%
10.0%
15.0%
20.0%
25.0%
0
5
10
15
20
25
2019年2020年2021年2022年2023年予想
1株あたり配当金推移
1株当たり配当金配当性向(連結)
<円>

◤◤連結業績予想
2023年10月期3Q実績2023年10月期予想進捗率
売上高338,767440,00077.0%
営業利益23,27829,70078.4%
親会社に帰属する四半期純利益15,59021,20073.5%
2023年10月期目標アクションプラン
出店目標40店舗の純増
関東・九州地方を中心とした店舗開発
本部主導の物件情報収集の強化
商品開発PB比率の上昇関連会社での商品開発及び外貨商品の開発への注力
2023年10月期予想に対する業務スーパー事業ガイドライン
2023年10月期業績予想
(単位:百万円)
16
※上記計画は、円安・ドル高による輸入商品のコスト増、原材料及びインフラコストの高騰等が続く事を想定した計画と
なっております。

~本資料に関するお問い合わせ先~
株式会社神戸物産
経営企画部IR・広報課高木
TEL:079-458-0339
•本資料には、2023年9月12日現在の将来に関する前提・見通し・計画に基
づく予測が含まれます。
•経済環境の変動など不確定要因により実際の業績が記載の予想と異なる可
能性がありますのでご了承ください。
•本資料は株式の購入の勧誘・奨励を目的としたものではございません。
17

次権利日優待利回り貸借区分前日終値
10月27日
(28日)
0.28%
(GL8.4)
貸借銘柄3436円
優待関係適時開示情報
2023年10月期 第3四半期決算説明資料(23/09/12)

優待基礎データ

10月

【100株】JCBギフトカード 1000円
市場価値:970円

利回り

利回り区分利回り(100株)
配当利回り0%
優待利回り0.28%
総合利回り0.28%

※優待利回りについて、市場価格が不明なものは比較のために公称価格に対して独自に係数をかけています。例えば、カタログギフトは0.6倍、食品は0.5倍、自社商品は0.4倍などとなっておりますので優待利回りについてはご参考までにご覧くださいませ

株数毎の必要金額

株数概算必要金額
100株約34万円
1000株約344万円
2000株約687万円

一般信用関係データ

クロスコスト計算




計算株数 :
計算金額 :
計算日数 :

買建手数料:
買建金利 :
売建手数料:
貸株料金 :
プレミアム:
管理費等 :

手数料合計:

直近の一般信用在庫履歴(過去24時間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

前回権利日の一般信用在庫(過去30日間)

Canvas not Supported/....
日興カブ楽天SBIGMO松井マネ

カブドットコム証券における過去1週間の抽選倍率

日付抽選対象在庫申込株数抽選倍率
23年10月02日85000株95000株1.1倍
23年9月29日115000株43900株0.4倍
23年9月28日154000株148500株1倍
23年9月27日85000株95100株1.1倍

カブドットコム証券における過去1週間のプレミアム料推移

Canvas not Supported/....

制度信用関係データ

理論逆日歩

逆日歩最大額:2800円(100株/1日/4倍)
逆日歩最大額:5600円(100株/1日/8倍)

直近の逆日歩履歴

日時逆日歩日数貸株超過規制
9月29日0円-日-
9月28日0円-日-
9月27日0円-日-
9月26日0円-日-
9月25日0円-日-

当該ページの情報については、情報の正確性のチェックはしておりませんため、誤った情報が表示されている可能性があります。このことについてご留意頂き、投資判断においてはご自身で再度情報の正確性をご確認いただきますようお願いいたします。


Gokigen Life .TOKYO
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com