location.href = 'https://gokigen-life.tokyo/403.html';

12月10日 優待クロスのための一般信用売り在庫デイリーレポート

- デイリーレポート

12月10日火曜日の優待クロスに向けた一般信用在庫の状況に関するデイリーレポートをお届けします。

さて、直近の12月末優待の権利付き日まで、あと16日となり3週間を切っています。また、次の1月末優待の権利付き日までは残り50日となっております。

12月優待については、本日19:00時点でSMBC日興証券、カブドットコム証券、楽天証券で取り扱っている全107銘柄のうち、在庫が残っているのがSMBC日興証券で36銘柄、カブドットコム証券は55銘柄、楽天証券は28銘柄となっており、全体的に在庫がやや少ない状況です。

また、次の1月優待については、取扱いのある全16銘柄のうち、SMBC日興証券の在庫残が4銘柄、カブドットコム証券は7銘柄、楽天証券は2銘柄となっており、全体的に在庫がやや少ない状況です。

優待クロスの進捗状況

最近の優待取得の進捗状況を在庫のある優待銘柄を優待利回りで重みづけして集計した「在庫パフォーマンス指標」でみますと、昨日時点で12月銘柄については、ここ3日間で-1%、ここ一週間では0%と在庫状況はほぼ横ばいとなっています。

また、次の優待月である1月銘柄については、ここ3日間で10%、ここ一週間では55%と在庫状況は改善しています

Presented by Gokigen Life.TOKYO

Presented by Gokigen Life.TOKYO

本日の個別銘柄の在庫状況

本日の個別銘柄の在庫状況を前日と比較しますと、12月銘柄で本日19:00時点で在庫がなくなってしまった銘柄は1銘柄、新たに在庫が復活した銘柄は25銘柄となっています。内訳は下記の表のとおりです。表では優待利回りの上位5位までを掲載しています。

12月優待 昨日からの消滅銘柄
日興 カブドットコム 楽天
帝国繊維
12月優待 昨日からの復活銘柄
日興 カブドットコム 楽天
東京都競馬 アルペン 鳥越製粉
楽天 アグロ カネショウ サッポロHD
岡部 藤田観光 オエノンHD
帝国繊維 ルックHD コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD
東計電算 ヒューリック

また、1月銘柄については、在庫の消滅銘柄は合計0銘柄で、在庫復活銘柄は合計3銘柄となっています。内訳は下記の表をご覧くださいませ。こちらの表も優待利回りの上位5位までを掲載しています。

1月優待 昨日からの復活銘柄
日興 カブドットコム 楽天
スバル興業 東京ドーム
サムコ

本日の在庫急減銘柄

続きまして、本日の在庫急減銘柄についてご報告します。在庫急減銘柄は過去3日間のSMBC日興証券、カブドットコム証券、楽天証券の一般信用在庫の一日の最低株数の合計株数の変化を急減指標としております。

まず12月優待銘柄ですが、ここ3日間で一般信用売りの在庫が30%以上急減した銘柄は、多木化学など1銘柄が確認されました。一覧は下記の表をご覧ください。

銘柄名 3日前 2日前 1日前 現在 在庫減少率
多木化学 50000 50000 19900 19900 -60%

このうち、優待利回りの上位1銘柄について、ここ一週間の証券会社別の在庫の変化をグラフ化しておりますのでよろしければご覧くださいませ。

Presented by Gokigen Life.TOKYO

続いて、1月優待銘柄ではスバル興業など1銘柄の在庫の急減が確認されました。一覧は下記の表をご覧ください。

銘柄名 3日前 2日前 1日前 現在 在庫減少率
スバル興業 200 200 0 100 -50%

このうち、優待利回りの上位1銘柄について、ここ一週間の証券会社別の在庫の変化をグラフ化しておりますのでよろしければご覧くださいませ。

Presented by Gokigen Life.TOKYO

本日の在庫復活・補充の状況

本日の19:00時点までに確認できた500株以上の在庫の復活・補充については、12月優待銘柄では不二家など17件が確認されています。また、1月優待銘柄では東京ドームなど1件が確認されています。

証券会社別にみると、SMBC日興証券では12月優待銘柄の不二家など13銘柄の在庫の復活・補充が確認されました。カブドットコム証券では12月優待銘柄のアルペンなど5銘柄が確認されています。楽天証券では12月優待銘柄のGenky Drug Storesなど11銘柄が確認されました。

本日確認された2,000株以上の在庫復活・補充銘柄のうち、12月銘柄及び1月銘柄の履歴の一覧表を下記にまとめておりますのでご覧くださいませ。

確認日時 証券会社 銘柄名 復活株数
7:56 日興 福田組 2500株
7:57 日興 不二家 2700株
7:57 日興 物語コーポレーション 3800株
7:57 日興 ポーラ・オルビスHD 3900株
7:57 日興 GMOインターネット 3100株
7:57 日興 東京ドーム 6100株
7:57 日興 白洋舎 5000株
8:07 日興 トラスコ中山 8800株
11:51 カブコム アルペン 13500株
12:11 カブコム ロイヤルHD 5000株
12:11 カブコム アークランドサービスHD 3200株
18:14 楽天 コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD 6900株
18:14 楽天 日本マクドナルドHD 16200株

本日の争奪戦の状況

続いて、本日のSMBC日興証券における17時争奪戦の状況をお伝えします。

本日の日興争奪戦では、全体で3銘柄が対象となりました。そのうち、直近の12月優待銘柄は2銘柄、1月優待銘柄は0銘柄でした。また、2,000株以上で取得できる可能性が高かった銘柄は、12月銘柄で0銘柄、1月銘柄は0銘柄となっています。

今回の日興争奪戦では、証券会社から大量補充がなされた銘柄がありませんでしたので、確保できた人は少なかったものと思われます。

本日の日興争奪戦のリストは下記のとおりとなっています。

優待月 コード 銘柄名 対象株数
12月銘柄 2211 不二家 100株
12月銘柄 9449 GMOインターネット 100株
3月銘柄 4319 TAC 1200株

続きまして、本日の楽天証券における19時争奪戦の状況をお伝えします。

本日の楽天争奪戦では、全体で11銘柄が対象となりました。そのうち、直近の12月優待銘柄は3銘柄、1月優待銘柄は0銘柄でした。また、2,000株以上で取得できる可能性が高かった銘柄は、12月銘柄で2銘柄、1月銘柄は0銘柄となっています。

今回の楽天争奪戦では、まずは12月銘柄のコカ・コーラ ボトラーズジャパンHD6900株。次点は12月銘柄の日本マクドナルドHD16200株あたりがねらい目だったのではないかと思われます。

本日の楽天争奪戦のリストは下記のとおりとなっています。

優待月 コード 銘柄名 対象株数
12月銘柄 9267 Genky Drug Stores 700株
12月銘柄 2579 コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD 6900株
12月銘柄 2702 日本マクドナルドHD 16200株
2月銘柄 9982 タキヒヨー 600株
3月銘柄 2915 ケンコーマヨネーズ 2200株
3月銘柄 4088 エア・ウォーター 13400株
3月銘柄 4461 第一工業製薬 1900株
3月銘柄 5857 アサヒHD 6700株
3月銘柄 5902 ホッカンHD 1000株
3月銘柄 5911 横河ブリッジHD 1800株
3月銘柄 5929 三和HD 289800株

本日の適時開示情報

続きまして、本日12月10日に掲載されました適時開示情報の中から、株主優待関連のものをピックアップしてご紹介したいと思います。本日の優待関係の適時開示情報は、1件です。

時間 銘柄名 適時開示情報
16:00 EMシステムズ 株式分割及び定款の一部変更、配当予想の修正並びに株主優待制度の一部変更に関するお知らせ

本日のおすすめクロス銘柄

最後に本日時点の優待クロスのおすすめ銘柄をいくつか紹介しておきます。現時点で1,000株以上在庫のある銘柄からピックアップしておりますが、すでに在庫がない場合はご容赦願います。

優待月 銘柄名 主な優待内容 証券会社
12月銘柄 東京都競馬 【100株】大井競馬場優待証・東京サマーランド株主招待券 日興
12月銘柄 トラスコ中山 【100株】優待カタログ 5000円相当 楽天
12月銘柄 ローランド ディー.ジー. 【100株】世界の名産品 3000円相当 日興
12月銘柄 アウトソーシング 【100株】クオカード 1000円相当 日興
12月銘柄 アルペン 【100株】買物券 2000円相当 カブコム
12月銘柄 コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD 【100株】コーラ等のカタログギフト 2700円相当 日興
12月銘柄 楽天 【100株】楽天キャッシュ 500円相当 日興
12月銘柄 DIC 【100株】自社グループ製品(健康食品) 3980円相当 日興
12月銘柄 オプテックスグループ 【100株】クオカード 1000円相当 楽天
12月銘柄 岡部 【100株】クオカード 500円相当 日興
注意事項
当該デイリーレポートの文章および表、グラフ等の全てについては、保有しているデータに基づき機械的に自動生成(テスト運用中)されたものです。情報の正確性のチェック等は行っていないことから、誤った情報を配信している可能性があることにご留意ください。このことについて理解頂き、投資判断においてはご自身で再度情報の正確性をご確認いただきますようお願いいたします。